忍者ブログ

温泉ソムリエtakeさんの温泉日和

温泉はやっぱり活きているんだなということを最近つくづく実感しています。季節や時間帯、気象条件などで、入浴するたびに                  以前とは違う何かを発見し、ワクワクできる。そんな喜びと感動を求めてこれからも気ままにのんびりと入湯を楽しんでいきます。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

久木野温泉「木の香湯」

熊本県南阿蘇の「木の香湯」で入浴しました。





南阿蘇鉄道長陽駅から車で5分、阿蘇五岳の麓にある日帰りの温泉施設。

地元産の木材をふんだんに使った平屋建て。

大きなガラス窓により室内に自然光を取り込んでいる。






ここは7~8年ぶりの訪問。

以前は良く利用していたが、しばらくご無沙汰していた。

館内、脱衣場は然程以前と変わっていない様子。





浴場の内湯檜風呂

10名位が浸かれる広さで、肩までしっかり浸かる深さがある。





内湯には他にスチームサウナや電気風呂、ジェットバスがある。

写真はイベント風呂でややぬるめ。4名位の広さだ。

毎月26日に薔薇風呂などになるそうだがみたことはない。


 


ここが絶景露天風呂である。

自然石や木々を配した庭園風の作りとなっている。

深さは内湯より浅め。空や景色を眺めながら

ゆっくり身体を伸ばして浸かれるようになっている。


泉質は単純温泉

源泉温度41℃

PH 値8.0       (弱アルカリ性・低張性・温泉)


成分表(平成17年)では単純温泉だが、

溶存物資量970mg / kg と僅か規定量(1000mg )に満たない泉質。

ナトリウムイオン(陽)と硫酸イオン(陰)が主成分で、

少しトロミ感のある無色透明、無味無臭の弱アルカリ性・低張性の温泉。





南国九州といえど今日の寒風はとにかくしんどかった

露出部分の肌が痛くなり、顔や頭に湯かけ(本来はご法度)して耐えるも

我慢できず早々内湯に駆け込み暖を取った。





露天からさらに奥へ進むと別の内湯もあるが

土日祝日のみの解放となっている。



【 久木野温泉「木の香湯」】情  報


住  所  :  熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陰3624

電  話  :  0967―67―2332

時  間  :  10:00~22:00

休  み  :  第一水曜日

料  金  :  大人300円     小人150円







拍手[2回]

PR

静寂な森の宿山しのぶ

熊本県阿蘇郡南小国町にある

小田温泉「山しのぶ」で入浴しました。





落ち着いた趣ある雰囲気の母屋。


山しのぶ は熊本県阿蘇郡南小国町にあり、

人気温泉地黒川温泉から車で10分位の小田温泉に在る。

広大な敷地に12の離れ宿が点在する人気の温泉宿。





立ち寄り入浴受付開始時間の11:00に来館したので、

お目当ての露天風呂は清掃後の湯溜め中。

男性内湯河鹿の湯で入浴となった。






浴場内は切り石を組んだ浴槽に

黒光梁が見える高い天井の落ち着いた造り。

浴槽は6名前後が浸かれやや深め。





泉質はナトリウム―炭酸水素塩・塩化物泉     旧泉質名    含食塩―重曹泉

源泉温度60.1℃

自家源泉湧出量122L /min

PH 値6.4      (低張性・中性・高温泉)

湯は青白い薄濁り湯。

美肌効果の高いメタケイ酸が色付けしているのだ

湯面に漂う微硫化水素臭が気分を盛り上げてくれる。






一時間ほどゆっくり楽しませて頂いたあと

露天風呂を覗くとまだ半分しか湯は溜まっていなかったが

体半分だけしっかり頂いちゃいました。





【静寂な森の宿  山しのぶ】情報

住  所 : 熊本県阿蘇郡南小国町小田温泉

電  話 : 0967ー44ー0188

時  間 : 11:00~14:00

休  み : 不定休

料  金 : 大人500円      小人300円

風  呂 : 露天風呂(男女各1)     内風呂(男女各1)        貸切風呂3








拍手[2回]

山の宿 新明館

黒川温泉の旅館新明館で日帰り入浴しました。





新明館は熊本県阿蘇郡黒川温泉の中心部にあり、

人気温泉地黒川を代表する創業明治35年の老舗旅館である。

ここの名物は主人自らノミを握って掘りあげた洞窟風呂だ。

露天風呂を含めて日帰り入浴が楽しめる。





洞窟(穴)風呂露天風呂は建物を川沿いに進むと奥にある。





先ずは手前にある穴風呂を頂く。

因みに男性の方は混浴になっていて、

女性専用洞窟風呂もある。







穴風呂内は約8m位の長さでぐるっと一周できる作りになっている。

湯面までの深さは約60~80cmで 深くない。

場所によって湯温度に違いがあり、

好みや季節によって楽しむことができる。


 


穴風呂を出て一旦着替えてから

今度は一番奥にある露天風呂に向かう。

入口にはやはり手掘りの洞穴があり

これを潜り抜けると露天岩戸風呂がある。






これが混浴露天風呂だ。

湯舟は川沿いにあり、対岸の旅館や観光客にも

丸見え状態?ではないかと思えた。





泉質はナトリウム―塩化物・硫酸塩泉

源泉温度74.5℃

PH 値3.4


酸性泉でありながらそれ程硬さは感じない。

無色透明で温泉らしい微硫化水素臭を感じる。

飲泉すると金気味と薄塩味があるが、比較的飲みやすい方だ。


周囲を気にしながらの入浴だったが、

41~42℃の適温湯舟で

露天風呂の醍醐味をしっかり楽しませて頂いた。




【山の宿新明館】情報


住  所 : 熊本県阿蘇郡南小国町満願寺6608

電  話 : 0967-44-0916

時  間 : 8:30~21:00(日帰り入浴)

休  み : 不定休

料  金 : 大人500円      小人300円

種  類 : 混浴露天風呂(岩戸風呂)
               混浴穴風呂
               洞窟風呂(女性専用)

宿泊者のみ

              大浴場(男女各1)
              家族風呂















拍手[1回]

ホテルグランティア太宰府

太宰府天満宮で今年二社目のお詣りにきた際

ここホテルグランディ大宰府で入浴しました。





西鉄太宰府線太宰府駅から徒歩15分、

団地沿いの緩やかな坂を上る高台にあるホテルで、日帰り入浴ができる。





天然温泉「みかさの湯」のほか、立ち寄りで食事ができるレストラン花茶屋がある。

フロントで入浴の手続きをし右奥にある浴場へ向かう。





浴場は10名位が浸かれる内湯と

露天風呂、洞窟風呂があり、写真は露天風呂で4名位のサイズ。





これが洞窟風呂。内部は2名位が浸かれる広さになっている。





泉質はアルカリ性単純温泉

源泉温度34.2℃

PH値 9.7        成分総量 130㎎/㎏

自家源泉湧出量113㍑/min       (アルカリ性・低張性・温泉)

湯質は無色透明でトロミのある柔らかい温泉。

湯船の温度は40℃位でゆっくり浸かることができる。

分析表では微硫黄臭となっているが

微塩素臭で分からなかった。





他に遠赤サウナと水風呂もあった。





入浴者がいたので撮影できなかったため、内湯はパンフより借映。

入浴料金は大人650円とリーズナブル。

歯ブラシやヒゲソリも完備されているのでお得といえる。

入浴+ランチ+休憩室使用で1200円の格安セットもあるらしい。



【 ホテルグランティア太宰府 】 情  報


住  所 : 福岡県太宰府市連歌屋3―8―1

電  話 : 092-925-5801

時  間 : 9:00~21:30

休  み : 無休

料  金 : 大人650円      小人300円









太宰府天満宮での参拝の様子。

さすが我が国が誇る天満宮だけあって

境内では国際色豊かな言語が飛び交う。





ここでのおみくじの運勢は?

やっぱり『吉』と出た。





ここの名物梅ヶ枝餅を1つ買って食べた。

焼きたてで、塩梅も良く


大変旨かった!













拍手[1回]

別府温泉「田の湯温泉」


別府温泉の共同浴場「田の湯温泉」で入浴しました。





別府市中央公民館主催講座「温泉学一般」受講のため別府訪問。

「田の湯温泉」はJR 別府駅から徒歩10分、中央公民館からは徒歩2分の所にあり、

講義前に入浴させて頂いた。







外観からするとモダンな作りに思えたが、

内部は公衆浴場らしいレトロ感が漂う。

受付番台には人柄良好な女性が居られ、

ご主人が竹田市出身ということで会話も弾んだが

狭い通路での立ち話を自重し浴場にむかう。






浴槽は8名位が浸かれる広さで別府では標準的なサイズといえる。


泉質はナトリウム・マグネシウム・カルシウム―炭酸水素塩泉

源泉温度50.1℃ と 57.9℃ の 2源泉

PH 値7.3       成分総計1040mg / kg

(中性・低張性・高温泉)

ほとんど無色透明だが僅かに黄緑色かかっているように見えた。

湯面からは微量の重曹泉臭も感じ、

飲泉すると甘薄塩味で飲みやすい湯質だった。

湯温は42℃位でこの時期の適温。

肌刺激も柔らかく保湿効果で湯冷めしない。





風呂桶がユニークだったのでアップしてみました。




【 田の湯温泉 】情 報


住  所 : 大分県別府市田の湯

電  話 : 0977-44-0017

時  間 : 6:30~22:30

休  み : 無休

料  金 : 100円







拍手[1回]

カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
takeさん
性別:
男性
職業:
嘱託職員
趣味:
温泉と食べ歩き
自己紹介:
温泉好きが高じて大分県に定住。麦焼酎とトマトとカボスがあればご機嫌な中年親父。スィーツも好きだけど、洋物より和菓子!
温泉ソムリエの認定を受け、温泉地の「温泉分析表」を見ながらの体感にハマってます。

バーコード

ブログ内検索

P R

プロフィール

HN:
takeさん
性別:
男性
職業:
嘱託職員
趣味:
温泉と食べ歩き
自己紹介:
温泉好きが高じて大分県に定住。麦焼酎とトマトとカボスがあればご機嫌な中年親父。スィーツも好きだけど、洋物より和菓子!
温泉ソムリエの認定を受け、温泉地の「温泉分析表」を見ながらの体感にハマってます。

忍者アナライズ

Copyright ©  -- 温泉ソムリエtakeさんの温泉日和 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]