忍者ブログ

温泉ソムリエtakeさんの温泉日和

温泉はやっぱり活きているんだなということを最近つくづく実感しています。季節や時間帯、気象条件などで、入浴するたびに                  以前とは違う何かを発見し、ワクワクできる。そんな喜びと感動を求めてこれからも気ままにのんびりと入湯を楽しんでいきます。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

かんぽの宿「日田」

大分県日田市にある かんぽの宿「日田」で入浴しました。






日田市は江戸時代徳川家の天領として栄えた九州の小京都で、

城下町観光(豆田)と林業(日田杉)などが特に有名である。

「かんぽの宿日田」は清流三隈川の河畔にあり、近くにはサッポロビール九州工場がある。

民主党政権発足時、民間売却問題で話題になっていた頃に訪問して以来の入湯になる。




フロントで立寄り入浴料を支払い浴場に向かう。

浴場は「霧の湯」と「夢の湯」があり、男女日替わりになっている。

今回の男湯は「霧の湯」、残念ながら前回と同じであった。





浴場内は天井が高く外側がガラス張りなので開放的で明るい。





大浴場のほか、うたせ湯やジャグジー風呂、水風呂、サウナもある。





こちらは露天風呂で、内湯は加水、循環式なのだが源泉掛け流しになっている。


泉質はナトリウム―炭酸水素塩・塩化物泉

源泉温度70.5℃    湧出量336.2㍑/min    PH 値7.1   (中性・低張性・高温泉)






別府温泉Gメンリーダーで温泉評論家の斉藤雅樹氏がひょうたん温泉オーナーと共同開発したとされる

竹製温泉冷却装置 「湯雨竹」(ゆめたけ)が使用されている。

この装置は現在有る冷却装置の中でも安価であり、温泉の質をもっとも壊さない方法として

全国の高温源泉地にも徐々に普及している。

因みに僕が入湯したこの装置を使用している九州の湯屋は

大分県で3件(ひょうたん、渋の湯、日田)と長崎県小浜温泉で1件ある …と思われる。


無色透明な湯は刺激が少なく、仄かに硫黄臭が漂う良泉。

真夏の日照りが差す露天で、実測44度の湯温ではさすがに長湯ができず、

40~41度前後のジャグジー風呂で交互浴をしながら、

約20分ほど味わうのがやっとの入浴となった。







【かんぽの宿「日田」】情報

 住 所 : 大分県日田市中ノ島町685-6

 電 話 : 0973-24-0811

 時 間 : 10:30~22:00

 休 み : 無休

 料 金 : 10:30~19:00   大人600円   小人300円

        19:00~22:00   大人500円   小人300円










拍手[2回]

PR

カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
takeさん
性別:
男性
職業:
嘱託職員
趣味:
温泉と食べ歩き
自己紹介:
温泉好きが高じて大分県に定住。麦焼酎とトマトとカボスがあればご機嫌な中年親父。スィーツも好きだけど、洋物より和菓子!
温泉ソムリエの認定を受け、温泉地の「温泉分析表」を見ながらの体感にハマってます。

バーコード

ブログ内検索

P R

プロフィール

HN:
takeさん
性別:
男性
職業:
嘱託職員
趣味:
温泉と食べ歩き
自己紹介:
温泉好きが高じて大分県に定住。麦焼酎とトマトとカボスがあればご機嫌な中年親父。スィーツも好きだけど、洋物より和菓子!
温泉ソムリエの認定を受け、温泉地の「温泉分析表」を見ながらの体感にハマってます。

忍者アナライズ

Copyright ©  -- 温泉ソムリエtakeさんの温泉日和 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]