忍者ブログ

温泉ソムリエtakeさんの温泉日和

温泉はやっぱり活きているんだなということを最近つくづく実感しています。季節や時間帯、気象条件などで、入浴するたびに                  以前とは違う何かを発見し、ワクワクできる。そんな喜びと感動を求めてこれからも気ままにのんびりと入湯を楽しんでいきます。

   
カテゴリー「長崎県温泉」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

佐世保万松楼



 させぼ温泉ホテル万松楼 「弁天の湯 」 で入浴しました。



 JR佐世保駅から車で5分。佐世保市内中心部の小高い所にある明治26年創業の老舗ホテル。
 「万松楼」は明治29年初代総理大臣 伊藤博文公が宿泊した際に命名したそうである。



 湯屋「弁天の湯」はホテルの別館で1Fフロント2F家族風呂「やすらぎ湯」カラオケ・
 ゲームコーナー
3F男湯「松風」とお食事処「弁天茶屋おきらく」4F女湯「ローマ風呂」
 あかすりマッサージ室5F男女展望露天風呂がある。
 フロントで入浴料を支払い、エレベーターでまずは5Fの露天風呂へ直行。



 露天風呂は20名位浸かる事ができる広さがある。



 湯口は2箇所あり湯量もある。湯温は40度くらいで心地よい。



 春暖な風と満開の桜の香りを感じながらトロトロしたお湯質をゆっくり楽しむ。
 写真では解りづらいかもしれないが、眼下に佐世保市内が一望できる眺めの良い露天である。



 一旦着替えて、次は3Fの男湯「松風」で入浴。露天は簡素な脱衣所だったが、ここはロッカー、
 洗面台、ドライヤーなどの設備が充実。受付でもらったロッカー鍵はここで使用するためのもの。
 前回の訪問の時は、3Fと4Fの浴場が男女日替わりになっていたが現在は固定になっている。



 内風呂は写真の左側小さい方が水風呂で、右側の広い方が12名くらい浸かれる熱湯。



 泉質は ナトリウムー炭酸水素塩泉    旧泉質名 : 重曹泉
 源泉温度43度  PH値 不明  溶存物質2546㎎/㎏   (低張性・弱アルカリ性・高温泉)
 +イオン   Na:712  Ca:2.7  K:3.4
 -イオン   HCO3:1500  CO3:38.4  Cl:47.0

 浴用として、慢性皮膚病、火傷、切り傷などに効果が期待される
 飲用として、慢性消化器病、糖尿病、痛風などに効果が期待される

 湯質は無臭無色透明で、露天風呂と同じくトロミ感があり、嬉野や唐津と肌感がよく似ている。



 仕切り板の付いた洗い場にボディソープ・コンディショナー・シャンプーの3点が付いているのが嬉しい。
 また5~6名用の乾燥サウナまであり、設備の充実度と良泉を味わえる大浴場であった。



 同じ階(3F)にあるお食事処「弁天茶屋おきらく」。営業時間は11:30~21:30で内容も単品から
 定食、お膳料理と豊富で味も評判が良い。



 また、マッサージコーナーや無料休憩所もある。



 4Fの女湯「ローマ風呂」とあかすり・マッサージ室の入口。ローマ風呂はジャグジー付きで
 白を基調としたエレガントな造りの浴槽で女性向き。マッサージは30分2500円~らしい。 



 弁天の湯入口にある飲泉場。飲んでみると薄い塩味と炭酸味があり、飲み易い泉質である。



 桜の名所でもあるこの万松楼。ここに来る為だけにバスと電車を乗り継ぎ大分から訪問したのだが、
 折り返しバス乗車のため、滞在時間1時間半と限られたなかで、ギリギリまで粘った甲斐のある
 楽しい入湯でした。


 《させぼ温泉「万松楼弁天の湯」》情報


  住所 : 長崎県佐世保市谷郷町5-32

  電話 : 0956-23-6171

  営業 : 11:00~23:00

  休み : 無休

  料金 : 大人1000円   小人400円  貸切湯別途500円(30分)







拍手[2回]

PR

島原温泉の「足湯」

 

島原温泉の無料足湯 を紹介します。



 【「観音島泉源公園足湯」】



 島原市が無料で、24時間利用できる足湯を

 市内に2箇所設置しており、その1つがこれ。

 島原港の近くに有り、フェリーの待ち時間に使わせてもらった。






 中央と奥から温泉が随時補給されている掛け流しの足湯。

 温度も39度位で適温。

 風除けのシートが周囲を覆っているので、ゆっくり楽しめた。


 

【ゆとろぎの湯足湯】


 2箇所目は、一番街アーケードにある「ゆとろぎの湯」裏にある足湯。

 「観音島泉源公園足湯」より規模も大きく、地元の人には利用しやすいのか、

 9:30頃来た時にはすでに、7~8名の人が繕いでいた。





 
 ここも風除けのシートで囲ってあり、中央にはテーブルが有るので、

 飲み物やお菓子を置いて皆さん楽しく会話されていた。

 湯温も38~39℃くらいで丁度良い。もちろん掛け流しである。




 島原温泉は「温泉集中管理方式」で、3箇所の炭酸水素塩泉の源泉を

 宿泊施設や公共施設、一部の個人に供給しているそうです。

 泉温がやや低く、40度前後のため加温するのに経費もかかるようですが、

 市民の健康のため、観光客のためにも

 島原市長さん、これからもよろしくお願いします。




拍手[1回]

島原温泉「ゆとろぎの湯」

 島原温泉 「ゆとろぎの湯」 で入浴





 島原市が運営している公共の温泉施設。




 
 玄関の壁には島原城と雲仙普賢岳、市花のレリーフが飾られている。




 
 館内は明るく清潔感がある。

 割引クーポンを提示。職員さんは笑顔で対応してくれ有り難い。
 

<


 休憩所も30畳と広く、食事も出前方式で用意してくれる。

 



 浴場は奥から 熱め、温め、入浴剤入り、水風呂 の4種類に分かれていて

 今日の入浴剤はラベンダー。いい香りが浴場内に拡がっていた。

 泉質は ナトリウム・マグネシウムー炭酸水素塩泉(中性・低張性温泉)

 浴用効果としては 神経痛・関節痛・慢性皮膚病・疲労回復など。

 肌にやさしく、保温効果もあり旅の疲れが和らいだ感じだ。


 浴場内にはサウナも完備されている。






 
 この時期は湯気が立ち上るので、写真撮影に苦労する。(パンフから転写)

 




 この施設には男女湯の中間に歩行湯があり、脱衣室からそれぞれ入る。





 この中は水着着用になっており、使用時間の制限はないようだ。





 利用者が多かったため撮影できず、歩行湯のパンフ写真を掲載。



 オープン時間の10時に合わせて着いたが、

 すでに大勢の利用者が並んでいた。

 市民に愛される温泉施設。

 清潔で職員さんの対応も良い、心も身体も癒される。


 そんな 島原の良質温泉を頂戴しました!




《ゆとろぎの湯》情報

 
住所 : 長崎県島原市堀町171-3
      (島原城から徒歩10分 一番街アーケード内)

電話 : 0957-63-1126

時間 : 10:00~21:00

料金 : 500円

休み : 毎週水曜日










拍手[0回]

ホテル『南風楼』



 長崎県島原市にある 『南風楼』 での入浴





 島原温泉で有明海が一望できるホテル





 男性浴場は2階、女性浴場は3階にある






 茶褐色のにごり湯

 ナトリウム・マグネシウムー炭酸水素塩泉(中性・低張性・高温泉)

 しっとりとした湯ざわり。





 源泉掛け流しで、岩盤には温泉成分がしっかり付着している。





 海に面していて眺望がとてもグッド!





 遠くに熊本県の金峰山。 その右側から

 朝日が昇る様が最高‥‥らしい。(朝寝坊で見れず)





 内湯には「黄金の湯」と銘がついた湯船があり、40度位で適温。





 ジャグジー風呂はすこし温めでゆったりと浸ることができる





 熊本県産の桧を使ったサウナ室。木の香りが漂いリラックスできる。





 浴場に置いてあるキッズ用のグッズ。

 小さな子供も退屈しないだろう。





 露天には木製のベンチと

 水分補給用にレモン水が置かれていた。






 この日は強風波浪警報の影響のせいか、

 残念ながら漁り火が見えなかったが、

 普段はイカ釣り船の灯りが海面で躍るらしい。




今日も良い温泉頂きました!





 《 ホテル南風楼 》情報

 住所 : 長崎県島原市弁天町2-7331-1
      (島原港から徒歩20分)車で5分

 電話 : 0957-62-5111

 料金 : 立寄り入浴1000円

 時間 : 7:00~23:00



 馬油のシャンプーとコンディショナー
 柿渋のボディソープが備え付きでグレードが高い。






拍手[1回]

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
takeさん
性別:
男性
職業:
嘱託職員
趣味:
温泉と食べ歩き
自己紹介:
温泉好きが高じて大分県に定住。麦焼酎とトマトとカボスがあればご機嫌な中年親父。スィーツも好きだけど、洋物より和菓子!
温泉ソムリエの認定を受け、温泉地の「温泉分析表」を見ながらの体感にハマってます。

バーコード

ブログ内検索

P R

プロフィール

HN:
takeさん
性別:
男性
職業:
嘱託職員
趣味:
温泉と食べ歩き
自己紹介:
温泉好きが高じて大分県に定住。麦焼酎とトマトとカボスがあればご機嫌な中年親父。スィーツも好きだけど、洋物より和菓子!
温泉ソムリエの認定を受け、温泉地の「温泉分析表」を見ながらの体感にハマってます。

忍者アナライズ

Copyright ©  -- 温泉ソムリエtakeさんの温泉日和 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]