忍者ブログ

温泉ソムリエtakeさんの温泉日和

温泉はやっぱり活きているんだなということを最近つくづく実感しています。季節や時間帯、気象条件などで、入浴するたびに                  以前とは違う何かを発見し、ワクワクできる。そんな喜びと感動を求めてこれからも気ままにのんびりと入湯を楽しんでいきます。

   
カテゴリー「佐賀県温泉」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

鏡山温泉茶屋「美人の湯」


佐賀県唐津市の鏡山温泉「美人の湯」で入浴しました。





知り合いから唐津に「おさかな村」というのがあって、

そこで新鮮な海の幸が食べられるから行ってみたらと

たびたび言われていたので今回博多から足を伸ばして訪れてみた。





「美人の湯」はその食事前に一汗流そうと訪れた日帰りの温泉施設。

国道202号線バイパス沿いにあり、「おさかな村」から徒歩15分の距離。





茶屋らしい白壁と木材をふんだんに使ったぬくもり感のある内装。

売店、無料休憩室、新鮮な魚介類が堪能できる人気の食事処もあるが

今回は入浴だけの目的なので早々浴場に向かう。





内湯の大浴場。

12名位が浸かれる広さで、湯口付近にジェット機能、中央手前にジャグジーがある。

湯温は39度とゆったりと長湯できる温度。湯縁には茶褐色の温泉成分が付着している。





内湯にはもうひとつ5人くらいが浸かれる40度の浴槽。泉質は大浴場と変わらず。

1/4カットの木樽が特徴的だ。内湯には他に乾燥サウナもある。





次は露天風呂。手前が水風呂で、中央に樽風呂、奥に岩で囲われた露天風呂がある。





泉質は単純温泉  (抵張性・中性・低温泉)

源泉温度25.8℃   湧出量200㍑   PH値5.9     *ネット参照

泉質に  含弱放射能 ・ 含鉄 ・ 炭酸水素   と表記されていたが

肝心の陽・陰イオン、放射線量の温泉法並びに鉱泉分析法指針による規定に

該当する分析記述が見当たらず「温泉分析書マスター」の資格を発揮できなかったのが残念。





掘削1600mから湧き立つ地球からの貴重な恵みはやや緑褐色の濁りがある。

加温と循環はしているものの、塩素剤使用はまったく気にならない。

逆に、浴場の機能や衛生管理、職員の接客態度の良さは大いに評価できる施設だ。

あわよくば、日本三大松原の「虹の松原」がすぐ目の前にあるのに

企業看板しか見えない露天の眺望がなんとかなればなと思った。

※ 女性側の露天からは見えるのかもしれないが




【鏡山温泉「美人の湯」】情報 


 住 所 : 佐賀県唐津市鏡4733 

 電 話 : 0955-70-6333 

 時 間 : 平日10:00~21:00   土日祝10:00~22:00 

 休 み : 第3木曜日(祭日は営業) 

 料 金 : 大人600円  小人300円   17:00以降 大人500円  小人250円 










こちらがマリンセンター「おさかな村」の外観と内部

新鮮な海産物が見る見るうちに売れていく。

売り子のマイクパフォーマンスもユニークで上手い。

生鮮品から、干物、冷凍物もあり地方発送もしてくれるので遠来客が多い。

他にも佐賀の特産品や土産品も豊富にそろっている。







2階の食事処「大漁亭」で一番人気の「おさかな村丼」を頂く。

ぷりぷり鮮度の刺身と名物「いかしゅうまい」、茶碗蒸しが付いたお得なセット。

1575円のセットメニューから社員さんに勧められ吸物をアサリ汁に変更(210円?UP)した。

わざわざ大分の山奥から出向いた甲斐があったぜ!

最初に数切れの刺身をビールの肴に食し、そのあとはしろ飯が盛られた丼の上に

残りの刺身と薬味をのせ、丼用タレをかけると絶品の海鮮丼となった。

いかしゅうまい、魚身の入った茶碗蒸しも申し分なし!

久々の海の幸に大満足の遅めの昼食だった。





食後は虹の松原まで歩く。

徒歩10分の距離である。

案内板によると、「虹の松原」の名前の由来は

松原の長さが8km(2里)だったから「二里の松原」→「虹の松原」となったそうだ。






白砂の海岸にでると、手前に唐津湾、奥に玄界灘が広がるオーシャンビュー。

秋空とのコントラストが抜群の景色であった。


その海岸に打ち上がるまだ食べれそうな無数の蛸。

3~4m間隔で横たわっている。

学術名は判らないが、今の時期よくみられるそうだ。

おそらく無事子孫を託し終えた末路の姿ではなかろうか。



唐津くんち秋季例大祭が11月にあるので2ヵ月後が楽しみだ。









拍手[2回]

PR

嬉野温泉「和多屋別荘」


和多屋別荘「心晶」で入浴しました。





嬉野温泉の中心部にある創業60年余りの老舗旅館。





フロントで立ち寄り入浴料2000円を支払い、湯殿「心晶」に向かう。

長い廊下の突き当たりにお地蔵があり、其処を右折した所が湯場である。





フロントで渡された磁気カードを使って入室ドアを開ける。凄い!





脱衣場は洗練され、高級感いっぱい。





内湯と洗い場はこんな感じ





露天風呂である。10人位浸かれる広さがある。

泉質は炭酸水素塩泉。勿論源泉掛け流しで、トロトロ感のある滑らかな湯ざわり。





露天には他に蒸気サウナと水風呂もある。





良泉をたっぷり1時間半程頂戴して湯上がりにレモン水を一杯。





ゴージャスな休憩ルームでしばらくリラックスして「心晶」を満喫したのであった。




【和多屋別荘「心晶」】情報


 住所 : 佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙738

 電話 : 0954-42-0210

 時間 : 13:00~20:00

 料金 : 大人2000円  小人1000円





拍手[1回]

武雄温泉「元湯」

 長距離バスと路線バスを乗り継いで、佐賀県武雄温泉の「元湯」での入浴だ。 幼少の頃、家族旅行で入湯したことがあるようだが僕にはまったく記憶が無い。 当時の年齢からすると彼此50年ぶりの訪問ということになる。国指定重要文化財の楼門は現在改修工事中でこんな状態。受付の人に聞くと10月位までかかるようだ。実家のアルバムで、この楼門を背景に撮ったセピア色の家族写真を見たことがあったので、今回記憶に残せず残念だったが致し方ない。ここにはもうひとつ「鷺乃湯」という大衆浴場もあるので、再訪のとき新しい楼門をじっくり拝ませてもらおう。

拍手[1回]

嬉野温泉「嬉泉館」

 

 嬉野温泉 「嬉泉館」 で立ち寄り入浴。



 嬉泉館は、「日本三大美人湯」として有名な佐賀県嬉野温泉にある自家泉源を持つ旅館で、
 立ち寄り入浴できる良質温泉と評判の湯宿である。場所は温泉街の中心地にあり、立地条件も良い。



 受付を済ませ廊下を進む。奥の階段を下るとすぐに男女の浴場暖簾が見えてくる。
 脱衣室は広くないが、掃除が行届いていて、カガミも棚も綺麗に管理されている。

 

 浴場は茶褐色石板張りで自然石を配した落ち着いた造り。ガラス窓を大きく使っているので
 浴室内はとても明るい。大小2つの浴槽にはそれぞれ独立して湯が注がれている。
 泉質は ナトリウムー炭酸水素塩・塩化物泉    旧泉質名 : 重曹泉
 源泉温度53.4度  PH値8.52    100%源泉掛け流し式  (低張性・弱アルカリ性・高温泉)
 Na+:412    HCO3-:778  Cl-:212.3

 浴用として、切り傷、やけど、慢性皮膚病など、飲用効果は慢性消化器病、痛風などに適応する。



 こちらが手前にある大きめの湯船。6~7名が浸かれる広さだろうか。
 湯温は39度前後とゆっくり長湯できる温度。



 こちらが奥にある狭い湯船。3~4名くらいの広さがあり、湯温は41度前後でやや熱め。
 湯量調節ができる蛇口があり、好みの温度で楽しむことが可能。
 3名の先客が適温にしてくれたのだろう、両湯船とも快適温度でゆっくり楽しむことができた。

 湯質は、無色透明で、トロトロ感が強い地肌に馴染む温泉だ。
 飲泉すると、炭酸水素塩泉独特の金気味に甘みと塩味があり、とても新鮮味を感じた。



 壁にある陶器の狸が印象的。『ゆっくり楽しんでいきなされ』 と言われてる気がした。



 嬉野茶のボディソープが香りも良く、オリジナリティがあって嬉しい。

 嬉野温泉の中でも評判通り、トップクラスの泉質を充分堪能させて頂いた。

 美人の湯を御馳走になりました!


 《嬉野温泉嬉泉館》情報

  住所 : 佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙2202-18

  電話 : 0954-43-0665

  営業 : 10:30~21:00

  休み : 無休

  料金 : 500円

  宿泊 : 和室7室 1泊2食 11550円~ 




 

拍手[1回]

嬉野温泉「湯宿広場」



 佐賀県嬉野温泉にある 「湯宿広場」 の紹介。



 嬉野温泉は「日本三大美肌の湯」として、トロトロの湯質が人気の九州を代表する温泉地である。

 「湯宿広場」は、平成24年4月 商店街の一角にオープンした憩いの場で、来訪者が温泉街を
 もっとノンビリ散策できるようにと、嬉野市が整備した公園である。
 ここの特色は、温泉に足を浸かる通常の足湯のほかに、全国でも珍しい蒸気で足元を温める
 「足蒸し湯」の2種類を 無料 で使えるところ。



 一般的な「足湯」の方は、10名以上が楽に浸かれる広さがあり、温度も38度~40度と適温。
 僕は木製のベンチに腰掛け、スマホで嬉野の温泉情報を検索しながらゆっくり楽しんだ。
 するといつの間にか身体全体がぽかぽかしていた。あっという間の20分間であった。

 

 次は「足蒸し湯」を使ってみる。一度に7人が使えるようになっている。使用方法はちゃんと
 ボックスごとに説明が付いているが、先客達のやり方をずっと観察していたので理解していた。

 

 ①まず取っ手を持って木製の蓋を開く。すると左右の足を挿入する切り込み穴が現れる。
 ②蓋は奥まで倒すため、前に置いてある足を覆うボックスを移動する。
 ③次にベンチ部分に腰掛けてから両足を入れる。

 

 ④最後に移動させたボックスを膝から大腿部分に被せれば完了である。

 蒸気は心地よい熱さでゆっくり楽しめる。足湯でしっかり温もった後なので10分くらいで
 下半身が汗ばんできた。地元の人との語らいや観光パンフで情報を収集できたところで
 「湯宿広場」でのリラックスタイムを終了した。

 商店街から漂う嬉野茶の香り。綺麗に維持された足湯広場。おかげで心も身体もぽっかぽか
 管理されている関係者のご努力にも感謝申し上げます。

 今日もお得な寛ぎを頂戴できました!


 《湯宿広場》情報

  住所 : 佐賀県嬉野市嬉野町下宿 嬉野交流センター前

  電話 : 0954-42-0336(嬉野温泉観光案内所)

  営業 : 9:00~20:00

  料金 : 無料




 
 
 

拍手[0回]

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
takeさん
性別:
男性
職業:
嘱託職員
趣味:
温泉と食べ歩き
自己紹介:
温泉好きが高じて大分県に定住。麦焼酎とトマトとカボスがあればご機嫌な中年親父。スィーツも好きだけど、洋物より和菓子!
温泉ソムリエの認定を受け、温泉地の「温泉分析表」を見ながらの体感にハマってます。

バーコード

ブログ内検索

P R

プロフィール

HN:
takeさん
性別:
男性
職業:
嘱託職員
趣味:
温泉と食べ歩き
自己紹介:
温泉好きが高じて大分県に定住。麦焼酎とトマトとカボスがあればご機嫌な中年親父。スィーツも好きだけど、洋物より和菓子!
温泉ソムリエの認定を受け、温泉地の「温泉分析表」を見ながらの体感にハマってます。

忍者アナライズ

Copyright ©  -- 温泉ソムリエtakeさんの温泉日和 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]