忍者ブログ

温泉ソムリエtakeさんの温泉日和

温泉はやっぱり活きているんだなということを最近つくづく実感しています。季節や時間帯、気象条件などで、入浴するたびに                  以前とは違う何かを発見し、ワクワクできる。そんな喜びと感動を求めてこれからも気ままにのんびりと入湯を楽しんでいきます。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

免の石トレッキング

熊本県南阿蘇村にある「免の石」に登ってきました。



「免の石」は南阿蘇の外輪山中腹にある奇石。崩落した石が偶然にも岸壁に挟まれ、宙に浮いたようになっている。その光景が美しく、またパワースポットとしても最近注目されている。



トレッキングをするにはまず観光案内所で申込みして専属案内人を付けないとできない。料金は2時間コースで2000円。3時間コース(3000円)もある。入山はゲートのあるここから。案内所から徒歩で約15分の所だ。



最初は舗装された比較的になだらかな坂道が5分ほど続く。



だが舗装道が終わると途端に険しい道無き道が始まる。



沢沿いに登っていくと、途中に樹齢200年以上のカエデの木があった。



登るにつれ道は益々険しくなり、ロープやチェーンを掴んで急坂をなんとか皆よじ登っていく。



約1時間、13名のパーティ全員が無事到着することができた。「免の石」は、そもそもこの石は『龍が産み落とした卵』、いわゆるドラゴンボールであり、いつの頃からか『娩の石』が「免の石」と呼ばれるようになったという云われがあるそうだ。そして最近までこの祠に棲む白蛇を見ることができた、とガイドさんは話す。



パワーをじっくり頂いたので、下で待つ別のパーティと交代するため仮設梯子を慎重に降り、南阿蘇村を一望する簡易展望台に移動して記念撮影。



下山も当然の事ながら悪戦苦闘しつつも何とかバス待機場所まで降りついた。



帰りに垂玉温泉「山口旅館」と地獄温泉「清風荘」で紅葉を眺めながらゆっくり浸かり疲れを癒してから帰路につく。

拍手[1回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
takeさん
性別:
男性
職業:
嘱託職員
趣味:
温泉と食べ歩き
自己紹介:
温泉好きが高じて大分県に定住。麦焼酎とトマトとカボスがあればご機嫌な中年親父。スィーツも好きだけど、洋物より和菓子!
温泉ソムリエの認定を受け、温泉地の「温泉分析表」を見ながらの体感にハマってます。

バーコード

ブログ内検索

P R

プロフィール

HN:
takeさん
性別:
男性
職業:
嘱託職員
趣味:
温泉と食べ歩き
自己紹介:
温泉好きが高じて大分県に定住。麦焼酎とトマトとカボスがあればご機嫌な中年親父。スィーツも好きだけど、洋物より和菓子!
温泉ソムリエの認定を受け、温泉地の「温泉分析表」を見ながらの体感にハマってます。

忍者アナライズ

Copyright ©  -- 温泉ソムリエtakeさんの温泉日和 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]