忍者ブログ

温泉ソムリエtakeさんの温泉日和

温泉はやっぱり活きているんだなということを最近つくづく実感しています。季節や時間帯、気象条件などで、入浴するたびに                  以前とは違う何かを発見し、ワクワクできる。そんな喜びと感動を求めてこれからも気ままにのんびりと入湯を楽しんでいきます。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

みなと温泉「波葉の湯」

福岡市博多埠頭の「波葉の湯」で入浴しました。







JR博多駅から博多埠頭行きのバスで約5分のベイサイドプレイス内にある天然温泉。

今回で4回目の訪問になる。





エントランスの右側に靴ロッカー(100円返却式)があり、

靴箱キーを受付に出し一般入浴を告げるとバーコードのついたブレスレットを渡される。

館内の利用料金は全て後清算となる。

フロント前には売店、レストラン、ゲームコーナー、ヘヤーカットサロンなどがある。





一階奥のモダンな渡り廊下を進むと浴場棟があり、

家族風呂と、男女露天風呂に分かれている。

内湯は軟水の白湯を使った温度差のある2つの浴槽と乾燥サウナ、水風呂がある。





ここがお目当ての露天風呂。こちらは源泉を半放流式循環や掛け流しで使う湯船が4つある。





一つは泉温44℃の湯。

6~7名が浸かれる広さがある。





2つめは源泉をそのまま使用した信楽湯(壷湯)。

信楽焼きの浴槽が3つあり、独り占めで楽しめる。





3つめのぬる湯。4名位が浸かれる広さ。

泉温は38℃くらいでゆっくり長湯ができる。




4つめのこの湯船は泉温が40℃位でとても快適に浸かることができた。

湯質は非常に柔らかく癖がない。

自動注入のようで、湯口から時折熱い湯が出てくる。

5名位が浸かれる広さで、深さが浅いので寝湯のようにリラックスして身体を投げ出すと、

潮の香りと海風が心地よく、また残夏のなごり雲が静かに天空を流れる様を観れて感動。



泉質はカルシウム・ナトリウムー塩化物泉

源泉温度31.0℃    湧出量400L/min    PH 値7.4   (高張性・中性・低温泉)






1時間程入浴を楽しみ、2階にある無料休憩処に行くと

甲子園での高校野球は群馬県代表の前橋育英高校が、宮崎県代表の延岡学園に勝って

初優勝を飾ったようで、校歌斉唱している場面であった。

九州人としては延岡学園に勝ってもらいたかったが、

解説者も両校の健闘を称えていたので決勝に相応しい内容だったのだろう。


露天風呂とは別に、+700円で利用できる「薬石健美香房」というのがあり、

蜂巣の形をした中温(40℃)サウナや

7種の薬石を使ったゲルマニウム房、リクライニングコーナーなどが楽しめる。

次回はこちらを紹介しましょうぞ。



【みなと温泉「波葉の湯」】情報

 住 所 : 福岡県福岡市博多区築港本町13-1

 電 話 : 092-271-4126

 時 間 : 9:00~25:00

 休 み : 年中無休

 料 金 : 大人700円(平日)    800円(土日祝)

        小人400円    幼児300円

 
 ボディソープ、シャンプー、コンディショナー有り  タオル有料 レンタルバスタオル有り



※ 2階にある ほぐし処「利楽房」では

  ボディケア や タイ式リラクゼーションあかすりエステ(女性のみ)が

  お手頃価格で体感できる…らしい。







拍手[2回]

PR

カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
takeさん
性別:
男性
職業:
嘱託職員
趣味:
温泉と食べ歩き
自己紹介:
温泉好きが高じて大分県に定住。麦焼酎とトマトとカボスがあればご機嫌な中年親父。スィーツも好きだけど、洋物より和菓子!
温泉ソムリエの認定を受け、温泉地の「温泉分析表」を見ながらの体感にハマってます。

バーコード

ブログ内検索

P R

プロフィール

HN:
takeさん
性別:
男性
職業:
嘱託職員
趣味:
温泉と食べ歩き
自己紹介:
温泉好きが高じて大分県に定住。麦焼酎とトマトとカボスがあればご機嫌な中年親父。スィーツも好きだけど、洋物より和菓子!
温泉ソムリエの認定を受け、温泉地の「温泉分析表」を見ながらの体感にハマってます。

忍者アナライズ

Copyright ©  -- 温泉ソムリエtakeさんの温泉日和 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]