忍者ブログ

温泉ソムリエtakeさんの温泉日和

温泉はやっぱり活きているんだなということを最近つくづく実感しています。季節や時間帯、気象条件などで、入浴するたびに                  以前とは違う何かを発見し、ワクワクできる。そんな喜びと感動を求めてこれからも気ままにのんびりと入湯を楽しんでいきます。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

佐世保万松楼



 させぼ温泉ホテル万松楼 「弁天の湯 」 で入浴しました。



 JR佐世保駅から車で5分。佐世保市内中心部の小高い所にある明治26年創業の老舗ホテル。
 「万松楼」は明治29年初代総理大臣 伊藤博文公が宿泊した際に命名したそうである。



 湯屋「弁天の湯」はホテルの別館で1Fフロント2F家族風呂「やすらぎ湯」カラオケ・
 ゲームコーナー
3F男湯「松風」とお食事処「弁天茶屋おきらく」4F女湯「ローマ風呂」
 あかすりマッサージ室5F男女展望露天風呂がある。
 フロントで入浴料を支払い、エレベーターでまずは5Fの露天風呂へ直行。



 露天風呂は20名位浸かる事ができる広さがある。



 湯口は2箇所あり湯量もある。湯温は40度くらいで心地よい。



 春暖な風と満開の桜の香りを感じながらトロトロしたお湯質をゆっくり楽しむ。
 写真では解りづらいかもしれないが、眼下に佐世保市内が一望できる眺めの良い露天である。



 一旦着替えて、次は3Fの男湯「松風」で入浴。露天は簡素な脱衣所だったが、ここはロッカー、
 洗面台、ドライヤーなどの設備が充実。受付でもらったロッカー鍵はここで使用するためのもの。
 前回の訪問の時は、3Fと4Fの浴場が男女日替わりになっていたが現在は固定になっている。



 内風呂は写真の左側小さい方が水風呂で、右側の広い方が12名くらい浸かれる熱湯。



 泉質は ナトリウムー炭酸水素塩泉    旧泉質名 : 重曹泉
 源泉温度43度  PH値 不明  溶存物質2546㎎/㎏   (低張性・弱アルカリ性・高温泉)
 +イオン   Na:712  Ca:2.7  K:3.4
 -イオン   HCO3:1500  CO3:38.4  Cl:47.0

 浴用として、慢性皮膚病、火傷、切り傷などに効果が期待される
 飲用として、慢性消化器病、糖尿病、痛風などに効果が期待される

 湯質は無臭無色透明で、露天風呂と同じくトロミ感があり、嬉野や唐津と肌感がよく似ている。



 仕切り板の付いた洗い場にボディソープ・コンディショナー・シャンプーの3点が付いているのが嬉しい。
 また5~6名用の乾燥サウナまであり、設備の充実度と良泉を味わえる大浴場であった。



 同じ階(3F)にあるお食事処「弁天茶屋おきらく」。営業時間は11:30~21:30で内容も単品から
 定食、お膳料理と豊富で味も評判が良い。



 また、マッサージコーナーや無料休憩所もある。



 4Fの女湯「ローマ風呂」とあかすり・マッサージ室の入口。ローマ風呂はジャグジー付きで
 白を基調としたエレガントな造りの浴槽で女性向き。マッサージは30分2500円~らしい。 



 弁天の湯入口にある飲泉場。飲んでみると薄い塩味と炭酸味があり、飲み易い泉質である。



 桜の名所でもあるこの万松楼。ここに来る為だけにバスと電車を乗り継ぎ大分から訪問したのだが、
 折り返しバス乗車のため、滞在時間1時間半と限られたなかで、ギリギリまで粘った甲斐のある
 楽しい入湯でした。


 《させぼ温泉「万松楼弁天の湯」》情報


  住所 : 長崎県佐世保市谷郷町5-32

  電話 : 0956-23-6171

  営業 : 11:00~23:00

  休み : 無休

  料金 : 大人1000円   小人400円  貸切湯別途500円(30分)







拍手[2回]

PR

カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
takeさん
性別:
男性
職業:
嘱託職員
趣味:
温泉と食べ歩き
自己紹介:
温泉好きが高じて大分県に定住。麦焼酎とトマトとカボスがあればご機嫌な中年親父。スィーツも好きだけど、洋物より和菓子!
温泉ソムリエの認定を受け、温泉地の「温泉分析表」を見ながらの体感にハマってます。

バーコード

ブログ内検索

P R

プロフィール

HN:
takeさん
性別:
男性
職業:
嘱託職員
趣味:
温泉と食べ歩き
自己紹介:
温泉好きが高じて大分県に定住。麦焼酎とトマトとカボスがあればご機嫌な中年親父。スィーツも好きだけど、洋物より和菓子!
温泉ソムリエの認定を受け、温泉地の「温泉分析表」を見ながらの体感にハマってます。

忍者アナライズ

Copyright ©  -- 温泉ソムリエtakeさんの温泉日和 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]