忍者ブログ

温泉ソムリエtakeさんの温泉日和

温泉はやっぱり活きているんだなということを最近つくづく実感しています。季節や時間帯、気象条件などで、入浴するたびに                  以前とは違う何かを発見し、ワクワクできる。そんな喜びと感動を求めてこれからも気ままにのんびりと入湯を楽しんでいきます。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

俵山温泉「泉力の湯」


阿蘇郡西原村にある「泉力の湯」で入浴しました。





今回で5~6回目の入湯だ。

リラックスできる雰囲気と、自然食中心の「おふくろバイキング」が好きで時々来ていたのだが、

バイキングは昨年10月に終了したそうでちょっとガッカリ。





場所は九州自動車道益城熊本IC から阿蘇高森方面へ車で20分走行すると、

俵山の麓「大切畑の堤」を望む高台にある。





浴場は内湯と露天風呂があり、男女交代制。内湯の大浴場。

自然石を湯縁に配した造りで、8~10名位が浸かれる広さ。

中央にジャグジー機能が付いている。





4名が利用でき寝湯と

ラジウム鉱石に地下水を通した「ラジウム風呂」もある。





内湯の天井は高く、傘をひろげたような形。

内湯には他に乾燥サウナと水風呂がある。

洗い場のカランは数が多く、アメニティも揃っている。





露天風呂は5~6名が浸かれる広さの自然石を配した湯船と

屋根付き五衛門風呂がある。

打たせ湯もあったが今は使われていない。

泉質は単純温泉

源泉温度は56℃と表記されたものと、37.8℃の分析表があり定かでなく、

そうなると 湧出量150㍑/min PH 値7.78 の数字も真偽はわからない。

ただ、やや茶褐色した無臭の湯は滑らかで刺激もなく入浴しやすい。

多機能な浴槽がありゆっくり楽しむことができる。

湯力や鮮度などに拘らなければ満足感を得られる湯屋である。






五衛門風呂は2~3名まで浸かることができるが、

やはり独りでゆったりと浸るのが望ましい造り。

底部から湯を注入していて、湯縁からは結構な量の湯が溢れ出している。

露天からの眺望が良く、阿蘇五岳や俵山が一望できる。





湯上がり後の食事はバイキングがなくなったものの、

入浴セットでプラス500円とお得なメニューがある。

今回は熊本名物がついた「団子汁定食」を頂く。

味もボリュームも申し分ないリーズナブルな昼食を取ることができた。




【俵山温泉「泉力の湯」】情報


 住  所 : 熊本県阿蘇郡西原村小森2057―12

 電  話 : 096―279―3752

 時  間 : 10:00~21:30

 休  み : 第3水曜日

 料  金 : 大人500円    小人200円







拍手[2回]

PR

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
takeさん
性別:
男性
職業:
嘱託職員
趣味:
温泉と食べ歩き
自己紹介:
温泉好きが高じて大分県に定住。麦焼酎とトマトとカボスがあればご機嫌な中年親父。スィーツも好きだけど、洋物より和菓子!
温泉ソムリエの認定を受け、温泉地の「温泉分析表」を見ながらの体感にハマってます。

バーコード

ブログ内検索

P R

プロフィール

HN:
takeさん
性別:
男性
職業:
嘱託職員
趣味:
温泉と食べ歩き
自己紹介:
温泉好きが高じて大分県に定住。麦焼酎とトマトとカボスがあればご機嫌な中年親父。スィーツも好きだけど、洋物より和菓子!
温泉ソムリエの認定を受け、温泉地の「温泉分析表」を見ながらの体感にハマってます。

忍者アナライズ

Copyright ©  -- 温泉ソムリエtakeさんの温泉日和 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]