忍者ブログ

温泉ソムリエtakeさんの温泉日和

温泉はやっぱり活きているんだなということを最近つくづく実感しています。季節や時間帯、気象条件などで、入浴するたびに                  以前とは違う何かを発見し、ワクワクできる。そんな喜びと感動を求めてこれからも気ままにのんびりと入湯を楽しんでいきます。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

吉田温泉「亀の湯」

宮崎県えびの市にある吉田温泉「亀の湯」で入浴しました。






えびの市中心部から車で10分。閑静な山間にある共同浴場で、1913年(大正2年)創業は

宮崎県で最古になるらしい。

建物の入り口にはバス停留所に似せた案内板があり実にユニーク。

これはあくまで目印であって、もちろんバスは停車しない。





男女の湯は固定になっていて、暖簾を潜ると無人の番台がある。

ネット情報通りの料金箱(空き缶)がテーブルに置かれてあったが、

缶には手書きで350円と書かれていたので不足分の50円を駐車場まで取りにいく。





脱衣場は目隠しとなるカーテンもなく共同浴場らしい開放感がある。

一見整理されているようだが見ようによっては雑然と置かれた籠がとてもマニアックで良い。





地域の温泉場という雰囲気漂う浴場には2つに仕切られた浴槽。

合せて6~7名が浸かれる広さである。

湯はやや白濁しており、底部がうっすらと判る程度。湯口側(右)が浅めで少し温かく、

やや深い左側の湯船は仕切りの切れ目から湯が流れ込むのでぬるい。






泉質はナトリウムー炭酸水素塩・塩化物・硫酸塩泉  源泉温度39度

湯船の縁や湯口は赤色の析出物でみごとにコーティングされている。





湯質は意外と柔らかく滑らかな肌触りで、硬さは感じられない。

湯温も37~38度くらいでゆったりと楽しむことができる。

飲泉すると金気味と微かな塩味が口内に拡がる。

湯口からの注入量が多くないためか、全体的に湯力があまり感じれなかったが

鄙びた雰囲気と開放感には充分満足できる。





しばらく貸切状態で浸かっていると、地元のご老人が来館されたので

姿勢を正し、軽くご挨拶するとご老人から声がかかる。

宮崎の方言?はなかなか理解しづらかったが、なんとか受け答えできたようだった……

返ってくる言葉も方言、さらに風呂場で声がハウリングするので断言はできないが


道路を挟んだ反対側に、素泊まりできる和室がある事をおしえてもらいましたぞ。








【吉田温泉「亀の湯」】情報


 住  所 : 宮崎県えびの市晶明寺672

 電  話 : 0984-37-1446

 時  間 : 6:00~22:00

 休  み : 無休

 料  金 : 大人300円   小人130円   幼児60円

       素泊まり 2000円~










拍手[1回]

PR

カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
takeさん
性別:
男性
職業:
嘱託職員
趣味:
温泉と食べ歩き
自己紹介:
温泉好きが高じて大分県に定住。麦焼酎とトマトとカボスがあればご機嫌な中年親父。スィーツも好きだけど、洋物より和菓子!
温泉ソムリエの認定を受け、温泉地の「温泉分析表」を見ながらの体感にハマってます。

バーコード

ブログ内検索

P R

プロフィール

HN:
takeさん
性別:
男性
職業:
嘱託職員
趣味:
温泉と食べ歩き
自己紹介:
温泉好きが高じて大分県に定住。麦焼酎とトマトとカボスがあればご機嫌な中年親父。スィーツも好きだけど、洋物より和菓子!
温泉ソムリエの認定を受け、温泉地の「温泉分析表」を見ながらの体感にハマってます。

忍者アナライズ

Copyright ©  -- 温泉ソムリエtakeさんの温泉日和 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]