忍者ブログ

温泉ソムリエtakeさんの温泉日和

温泉はやっぱり活きているんだなということを最近つくづく実感しています。季節や時間帯、気象条件などで、入浴するたびに                  以前とは違う何かを発見し、ワクワクできる。そんな喜びと感動を求めてこれからも気ままにのんびりと入湯を楽しんでいきます。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ゆふいん庄屋の館

湯布院温泉にある庄屋の館で日帰り入浴しました。





庄屋の館はJR九大線由布院駅から車で3分ほどの

見晴らしの良い閑静な山あいにある。

広大な敷地内には移築された古民家母屋を中心に10の離れ宿が点在しており、

平成に入ってからの開業なので女子好みの造りになっている。





濛々と蒸気が噴き出す温泉掘削塔も敷地内で観ることができる。





露天風呂がある湯屋には椅子、テーブル付きの足湯もある。





脱衣室には木製棚に籐籠がズラッと並んでおり、

貴重品ボックス、ドライヤー付き洗面台も完備されている。


人気の湯だけあって平日でも入湯者が多い。

とりわけ春休みに入った大学生達と、アジア系観光客が多かったようだ。





男女別の露天風呂は泳げるほどの広さ。

幻想的で珍しいコバルトブルーの湯色が実に美しく映えている。





泉質はナトリウムー塩化物泉            旧 称      純食塩泉

自家源泉温度 90.5℃      湧出量 不明       500m掘削自噴

PH値 8.8     溶存物質量 2056mg           ( アルカリ性・低張性・高温泉 )


陽イオン       ナトリウムイオン Na+ 492.0mg (92%)       カリウムイオン K+ 31.6mg

陰イオン       塩化物イオン CL- 601.3mg (74%)      HCO3- 168mg      SO4- 109mg


特質すべきは遊離成分のメタケイ酸594mgと規定値の10倍以上含有していること。

シリカ系の温泉としては青色、そしてトロッとした滑らか肌感触が共通なので、

別府の いちのいで会館 や 阿蘇小国の 豊礼の湯 と同類の光散型食塩泉である。





湯舟温度は41~42℃と適温。

露天の開放的な空間から高原の新鮮な空気を頂きながら、

神秘的な色湯を堪能致しました。




【 ゆふいん庄屋の館 】 情  報


住   所  :   大分県由布市湯布院町上川444-3

電   話  :   0977-85-3105

時   間  :   9:30~16:00

休   み  :   不定休

料   金  :   大人900円      小人500円

                ※ 500円で入浴できる割引券を1枚いただける。

駐車場有り





拍手[2回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
takeさん
性別:
男性
職業:
嘱託職員
趣味:
温泉と食べ歩き
自己紹介:
温泉好きが高じて大分県に定住。麦焼酎とトマトとカボスがあればご機嫌な中年親父。スィーツも好きだけど、洋物より和菓子!
温泉ソムリエの認定を受け、温泉地の「温泉分析表」を見ながらの体感にハマってます。

バーコード

ブログ内検索

P R

プロフィール

HN:
takeさん
性別:
男性
職業:
嘱託職員
趣味:
温泉と食べ歩き
自己紹介:
温泉好きが高じて大分県に定住。麦焼酎とトマトとカボスがあればご機嫌な中年親父。スィーツも好きだけど、洋物より和菓子!
温泉ソムリエの認定を受け、温泉地の「温泉分析表」を見ながらの体感にハマってます。

忍者アナライズ

Copyright ©  -- 温泉ソムリエtakeさんの温泉日和 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]