忍者ブログ

温泉ソムリエtakeさんの温泉日和

温泉はやっぱり活きているんだなということを最近つくづく実感しています。季節や時間帯、気象条件などで、入浴するたびに                  以前とは違う何かを発見し、ワクワクできる。そんな喜びと感動を求めてこれからも気ままにのんびりと入湯を楽しんでいきます。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

湯布院山のホテル『夢想園』

九州の人気温泉地、湯布院にある『山のホテル夢想園』

日帰り入浴しました。




大分自動車道湯布院ICから約10分の由布盆地南側高台にある。

ここの庭園露天風呂は湯布院を代表するロケーションの良さで人気が高い。



 

緑あふれる木立の中をゆっくり下っていくと奥に約60台収容の無料駐車場がある。




 

駐車場の手前にある入浴受付場。

普段でも多いのだが、今日は家族連れや若者で賑やかすぎて騒がしい。

混雑を予想して10時過ぎに来館したのだが、流石人気宿だけのことはある






入浴料大人700円を支払い、坂を下りていくと

まず茅葺屋根の男性露天風呂「御夢想の湯」がある。







さらに奥へ進むと女性露天風呂「空海の湯」、「弘法の湯」






家族露天風呂、家族内湯が2つずつある。







「御夢想の湯」は自然石と庭木を配した露天風呂で

なんと畳100枚ほどの広さがある。

因みに女性露天風呂「空海の湯」 驚愕150畳という広さ





泉 質は アルカリ性単純温泉              旧 称      単純温泉

温度55℃~62.5℃の 5つの源泉の混合泉

湧出量合計で約250㍑/min



陽イオン      Na+:180mg/kg          K+:13.6mg/kg             Ca+:4.7mg/ kg

陰イオン      CL-: 121.8mg/kg      CO3-:207.78mg/kg      SO4-:43.8mg/kg

       ※  ( 5源泉のうちの1源泉データ )



由布岳を借景したパノラマ風景を眺めながら浸かっていると

ため息が出るほどの優雅な気分と癒しを体感できる湯舟であった



露天風呂「弘法の湯」と家族風呂は源泉かけ流し式であるが

露天風呂「御夢想の湯」と「空海の湯」は循環式


毎日換水していてもこれだけの湯舟の大きさと入湯者数であれば

衛生的に循環導入は致し方ないし、それを上回る魅力と満足

ここに存在している。









【 山のホテル夢想園 】日帰り入浴情報


住 所  :  大分県由布市湯布院町川南1251-1

電 話  :  0977-84-2171

時 間  :  10:00~15:00

休 み  :  不定休

料 金  :  大人700円      小人600円


ボディソープ・シャンプー有り     ドライヤー有り     販売タオル有り



和食処『胡桃家』で食事       喫茶『BanBan』では有名プリンが味わえる。

但し僕は食べたことがないので詳細はわからない。







拍手[1回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
takeさん
性別:
男性
職業:
嘱託職員
趣味:
温泉と食べ歩き
自己紹介:
温泉好きが高じて大分県に定住。麦焼酎とトマトとカボスがあればご機嫌な中年親父。スィーツも好きだけど、洋物より和菓子!
温泉ソムリエの認定を受け、温泉地の「温泉分析表」を見ながらの体感にハマってます。

バーコード

ブログ内検索

P R

プロフィール

HN:
takeさん
性別:
男性
職業:
嘱託職員
趣味:
温泉と食べ歩き
自己紹介:
温泉好きが高じて大分県に定住。麦焼酎とトマトとカボスがあればご機嫌な中年親父。スィーツも好きだけど、洋物より和菓子!
温泉ソムリエの認定を受け、温泉地の「温泉分析表」を見ながらの体感にハマってます。

忍者アナライズ

Copyright ©  -- 温泉ソムリエtakeさんの温泉日和 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]