忍者ブログ

温泉ソムリエtakeさんの温泉日和

温泉はやっぱり活きているんだなということを最近つくづく実感しています。季節や時間帯、気象条件などで、入浴するたびに                  以前とは違う何かを発見し、ワクワクできる。そんな喜びと感動を求めてこれからも気ままにのんびりと入湯を楽しんでいきます。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ゆのまえ温泉 湯楽里

熊本県球磨郡湯前町にある湯楽里で日帰り入浴しました。




湯楽里は、人吉ICから車で約40分の所にある奥球磨の温泉宿泊施設で、

ゆのまえグリーンパレス(総合グラウンド、体育館、プール、公園)と共に

第3セクターが管理運営している。





館内は天然木をふんだんに使った温かみのある造りで、雨天にもかかわらず

自然光が屋内まで入り込むので明るく、居心地良さを感じる。


 


温泉棟には男女浴場と2つの家族風呂があり、今回は大浴場を使わせてもらった。

入口にある木製の下足箱が何ともお洒落であった。


 


脱衣室は広く清潔感もあり良く管理されている。





内湯にある大浴場。15名前後が浸かれる広さがある。


泉質は ナトリウムー塩化物・炭酸水素塩泉           旧称 : 含重曹ー食塩泉

源泉温度 44.5℃       PH値 7.1                        低張性・中性・高温泉


陽イオン            Na+ : 1522mg/kg         Ca+ : 53.6mg/kg         K+ : 39.4mg/kg

陰イオン            CL- : 1879mg/kg          HCO3- : 926.1mg/kg


溶存物質総量 4559mg/kg


湯舟は半循環方式を取り入れているようだが、不快感を与えない程度の

滅菌処理をしているようで塩素臭も気にならない。

湯色は無色透明。かかり湯の微色が本来の湯色なのであろうか。





浴場内には薬湯、遠赤サウナ、水風呂がある。





内湯から外階段を下ると自然石で囲われた露天風呂がある。

10名位はゆったりと浸かれる広さがあり、浴槽の一部に低周波浴もある。





生憎の雨模様で自然豊かな湯前町の景色は拝めなかったが

新鮮な空気と塩化物泉特有の温まり感を心ゆくまで馳走になった。







【ゆのまえ温泉 湯楽里】 情報


住  所   :   熊本県球磨郡湯前町野中田1588-7

電  話   :   0966-43-4126

時  間   :   10:00~22:00

休  み   :   第二、第四月曜日

料  金   :   大人400円       小人250円

                家族風呂       入浴料 + 1000円 (1H)

※ 無料駐車場有り シャンプー、ボディソープ備付け有り


施設内には売店、レストラン、宿泊棟もある。







拍手[1回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
takeさん
性別:
男性
職業:
嘱託職員
趣味:
温泉と食べ歩き
自己紹介:
温泉好きが高じて大分県に定住。麦焼酎とトマトとカボスがあればご機嫌な中年親父。スィーツも好きだけど、洋物より和菓子!
温泉ソムリエの認定を受け、温泉地の「温泉分析表」を見ながらの体感にハマってます。

バーコード

ブログ内検索

P R

プロフィール

HN:
takeさん
性別:
男性
職業:
嘱託職員
趣味:
温泉と食べ歩き
自己紹介:
温泉好きが高じて大分県に定住。麦焼酎とトマトとカボスがあればご機嫌な中年親父。スィーツも好きだけど、洋物より和菓子!
温泉ソムリエの認定を受け、温泉地の「温泉分析表」を見ながらの体感にハマってます。

忍者アナライズ

Copyright ©  -- 温泉ソムリエtakeさんの温泉日和 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]