忍者ブログ

温泉ソムリエtakeさんの温泉日和

温泉はやっぱり活きているんだなということを最近つくづく実感しています。季節や時間帯、気象条件などで、入浴するたびに                  以前とは違う何かを発見し、ワクワクできる。そんな喜びと感動を求めてこれからも気ままにのんびりと入湯を楽しんでいきます。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

人吉幸福温泉

熊本県人吉市にある幸福温泉で日帰り入浴しました。





幸福温泉は JR人吉駅から車で約15分、

国道267号線に入ると左側にある民営の温泉施設。





以前は明哲温泉という名だったが、2年位前に経営者が代り施設名も変更。

外観は以前とあまり変わらないが、家族風呂の入口、外塗装が新しくなったようだ。


 


湯神石碑の前を通りすぎると玄関がある。





中に入ると左側に受付、右側に券売機があり、

明るい館内には野菜や産品のコーナー、奥に家族湯の入口がある。





内湯である。広さは7~8名が浸かれ浴槽左側に低周波風呂がある。





洗い場と遠赤外線サウナ。内湯は明哲温泉の頃とまったく変わらない。


 


泉質は ナトリウムー塩化物・炭酸水素塩泉         旧  称        含重曹ー食塩泉

泉温 51.4℃      PH値 7.34      湧出量 153L/min        ( 低張性・中性・高温泉 )


陽イオン         Na+ : 496.1mg/kg

陰イオン         CL- : 574.1mg/kg          HCO3- : 450.6mg/kg         SO4- : 69.0mg/kg


溶存物質総量 1801mg/kg

ラドン含有量 7.81×10-






自然石を配した露天風呂で一服する。広さは8名位が浸かれる。

ここも足元が見えないくらいの赤褐色したにごり湯である。

飲泉すると微塩味と金気臭を感じた。

肌触りは刺激が少なく、重曹泉らしいサッパリ感が残る。

湯舟温度は40~41℃と適温だが湯口付近は少し熱め。



源泉を掘り直し、無色透明な単純温泉からにごり湯の塩類泉

人吉温泉には少ない色湯に生まれ変わった幸福温泉。

実家から歩いて行ける場所にあるので帰郷時の楽しみがまた増えた。





 【 幸福温泉 】 情報

住  所   :   熊本県人吉市古仏頂1408-1

電  話   :   0966-22-1238

時  間   :   10:00~22:00

休  み   :   無休

料  金   :   大浴場 (露天風呂・サウナ・水風呂有り)
                     大人300円       小人150円

                家族風呂(露天付き)  3室     2000円    1H
                     〃     (露天なし)  1室     1000円    1H


※ 駐車場有り    シャンプー、ボディソープ備え付き














拍手[2回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
takeさん
性別:
男性
職業:
嘱託職員
趣味:
温泉と食べ歩き
自己紹介:
温泉好きが高じて大分県に定住。麦焼酎とトマトとカボスがあればご機嫌な中年親父。スィーツも好きだけど、洋物より和菓子!
温泉ソムリエの認定を受け、温泉地の「温泉分析表」を見ながらの体感にハマってます。

バーコード

ブログ内検索

P R

プロフィール

HN:
takeさん
性別:
男性
職業:
嘱託職員
趣味:
温泉と食べ歩き
自己紹介:
温泉好きが高じて大分県に定住。麦焼酎とトマトとカボスがあればご機嫌な中年親父。スィーツも好きだけど、洋物より和菓子!
温泉ソムリエの認定を受け、温泉地の「温泉分析表」を見ながらの体感にハマってます。

忍者アナライズ

Copyright ©  -- 温泉ソムリエtakeさんの温泉日和 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]