忍者ブログ

温泉ソムリエtakeさんの温泉日和

温泉はやっぱり活きているんだなということを最近つくづく実感しています。季節や時間帯、気象条件などで、入浴するたびに                  以前とは違う何かを発見し、ワクワクできる。そんな喜びと感動を求めてこれからも気ままにのんびりと入湯を楽しんでいきます。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

湯処「ゆの花」


 かじか庵 「ゆの花」 で入浴しました。




 県道30号線バイパス「湯の原トンネル」の信号交差点を右折した芹川沿いにあり、
 宿泊、御食事、立ち寄り入浴ができる多目的施設である。



 入口正面のカウンターで受付を済ませ右奥へ進むと手前が男湯、家族湯が2つ、
 次が女湯で、一番奥に岩盤浴がある。



 脱衣室はロッカー式になっており受付時に鍵を渡される。



 浴場の内湯。檜風呂だとおもうが、温泉成分がびっしり付着しているので定かではない。
 泉質は マグネシウム・ナトリウム・カルシウムー炭酸水素塩泉  旧分類 : 重炭酸土類泉
 泉温46.6度 茶褐色の肌にやさしい濁り湯。 (中性・低張性・高温泉)
 皮膚を軟化させる作用があり美肌効果もある。(体質にもよるが保湿クリーム必要かも)
 飲泉すると、微量の炭酸味と胃の粘膜を刺激する発泡感が味わえた。



 ここでは底部からお湯を入れ、底部から放流する「底入れ底出し方式」の湯船。
 湯面と底部には新鮮な温泉成分がしっかり浮遊、沈殿していた。



 露天風呂。2段の湯船(女湯は3段)で温度差を楽しめるようになっているが、冬季は1段のみ。

 

 乾燥サウナ「セルフロウリュウ」と水風呂。心身ともにリフレッシュできる。



 湯上がりにゆっくりくつろげる畳の間もある。

 年末のこの時期。掃除も行届き、綺麗なお風呂で一年の垢落しには最高の温泉でした。

 今日も良質の温泉でゆったりさせて頂きました!



 《湯処「ゆの花」》情報


  住所 : 大分県竹田市直入町長湯2961-2
  
  電話 : 0974-75-2580

  営業 : 午前10:00~午後11:00

  休み : 年中無休

  料金 : 大人525円 子供265円

  風呂 : 露天付大浴場(男女1づつ)
        家族風呂(2) 2100円/60分
        岩盤浴(麦飯石)  1050円(専用作務衣/タオル/バスタオル付)

  宿泊 : 9部屋(和室)1泊2食付 8400円~ イン13:00  アウト10:00

  食事 : 「せり川」 午前11:00~午後8:00  単品400円~定食2500円

  備品 : シャンプー・ボディソープ・ドライヤー・ロッカー

  



拍手[0回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
takeさん
性別:
男性
職業:
嘱託職員
趣味:
温泉と食べ歩き
自己紹介:
温泉好きが高じて大分県に定住。麦焼酎とトマトとカボスがあればご機嫌な中年親父。スィーツも好きだけど、洋物より和菓子!
温泉ソムリエの認定を受け、温泉地の「温泉分析表」を見ながらの体感にハマってます。

バーコード

ブログ内検索

P R

プロフィール

HN:
takeさん
性別:
男性
職業:
嘱託職員
趣味:
温泉と食べ歩き
自己紹介:
温泉好きが高じて大分県に定住。麦焼酎とトマトとカボスがあればご機嫌な中年親父。スィーツも好きだけど、洋物より和菓子!
温泉ソムリエの認定を受け、温泉地の「温泉分析表」を見ながらの体感にハマってます。

忍者アナライズ

Copyright ©  -- 温泉ソムリエtakeさんの温泉日和 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]