忍者ブログ

温泉ソムリエtakeさんの温泉日和

温泉はやっぱり活きているんだなということを最近つくづく実感しています。季節や時間帯、気象条件などで、入浴するたびに                  以前とは違う何かを発見し、ワクワクできる。そんな喜びと感動を求めてこれからも気ままにのんびりと入湯を楽しんでいきます。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

長湯温泉 「ガニ湯」

 

長湯温泉 「ガニ湯」の紹介



 長湯温泉の中心街を流れる芹川の中にある24時間利用できる無料の温泉が「ガニ湯」である。
 長湯を紹介するときは必ず登場する温泉郷のシンボルでもある。



 利用するには食事処『正直屋』と『天風庵』の間にある案内板から橋下に降りないとならない。



 この橋の下が脱衣場。水着着用でOKだが、着替え場も四方から丸見え状態なので
 特に女性の方は大きめのバスタオルを持参されたほうがいい。



 源泉は マグネシウム・ナトリウム・カルシウムー炭酸水素塩泉  旧泉質名 : 重炭酸土類泉
 源泉温度41.2度   溶存物質4884mg/㎏     (中性・低張性・高温泉)
 浴用として、神経痛、慢性皮膚病など。飲用では慢性胃腸障害、糖尿病などに効果が期待される。 

 間欠して注入する湯口温度は37.8度。湯船温度は31度とぬるく、この時期はちょっと浸かり辛い。
 そこで、湯口付近で腕湯を楽しむことにした。
 湯色は笹濁りで、土類泉特有の金気臭と、ヌルヌルした肌触り感のある泉質だ。
 飲泉すると、苦味と炭酸味が口内に拡がる。



 しばらくすると、遊離炭酸953.2mg/㎏を証明する炭酸気泡がびっしり肌に付着してくる。
 ラムネ温泉館ほどではないが、腕から離れた泡が湯面で弾けるのを見れて感激した。



 先人達が大切に守り後世に残してきた名湯。
 現在、清掃管理されている「ガニ湯」の関係者様にも感謝を申し上げ、

 次回は全身で良泉を体感させて頂きますよ!


 《 ガニ湯 》情報

  住所 : 大分県竹田市直入町長湯
 
  電話 : 0974-75-3111(長湯観光案内所)

  営業 : 24時間 (水没する時もある)

  料金 : 無料





 

拍手[0回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
takeさん
性別:
男性
職業:
嘱託職員
趣味:
温泉と食べ歩き
自己紹介:
温泉好きが高じて大分県に定住。麦焼酎とトマトとカボスがあればご機嫌な中年親父。スィーツも好きだけど、洋物より和菓子!
温泉ソムリエの認定を受け、温泉地の「温泉分析表」を見ながらの体感にハマってます。

バーコード

ブログ内検索

P R

プロフィール

HN:
takeさん
性別:
男性
職業:
嘱託職員
趣味:
温泉と食べ歩き
自己紹介:
温泉好きが高じて大分県に定住。麦焼酎とトマトとカボスがあればご機嫌な中年親父。スィーツも好きだけど、洋物より和菓子!
温泉ソムリエの認定を受け、温泉地の「温泉分析表」を見ながらの体感にハマってます。

忍者アナライズ

Copyright ©  -- 温泉ソムリエtakeさんの温泉日和 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]