忍者ブログ

温泉ソムリエtakeさんの温泉日和

温泉はやっぱり活きているんだなということを最近つくづく実感しています。季節や時間帯、気象条件などで、入浴するたびに                  以前とは違う何かを発見し、ワクワクできる。そんな喜びと感動を求めてこれからも気ままにのんびりと入湯を楽しんでいきます。

   
カテゴリー「長湯温泉郷」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

御前湯の家族風呂

竹田市長湯温泉の『御前湯』。
文献によると、寛政年間(1781)に
岡藩中川家の「湯浴み茶屋」として建てられたとある。
時空を越えて現代に引き継がれる名湯である。



【清流と緑の中に浮かぶ御前湯全景】


現在の建物は、平成10年にドイツ風の療養館をイメージして
建設された。長湯のシンボルして構想が持ち上がってから6年後のことである。
設計は日本を代表する女流建築家
「Zoo 象設計集団の富田 玲子さん」。



【家族風呂・和室タイプ】×2室


【家族風呂・洋室タイプ】×1室



【家族風呂・露天タイプ】×1室


泉質は 三大美人湯のひとつ、マグネシウム・ナトリウムー炭酸水素塩泉
自家源泉3本のうちの1本を掛け流しで使用。
遊離炭酸は860mg/kg、
源泉温度45.8℃と高温のため、
身体に炭酸の泡はほとんど付着しないが
飲むと炭酸味と臭いがよくわかる(全室飲泉許可済)。
効能として慢性消化器病、糖尿病、肝臓病に適応。

料金は50分2,000円。身障者は介護者含め3名で1,000円。
営業時間は6時から21時まで

住 所 : 大分県竹田市直入町長湯7962-1
電 話 : 0974-64-1400


拍手[0回]

PR

万寿温泉『大山住の湯』

昨日(28日)は盆の振替休みだったので
午後から長湯の万寿温泉に行った。


【万寿温泉正面入口】

この温泉は泊りと食事もでき、入口奥のテーブルでは既に常連?さん5~6名が
大分名物、鳥天を肴に風呂上りの一杯を楽しんでいるようだった。


【湯船】

入口から案内板を頼りに、迷路のような狭い通路を進んでいくと、
家族湯(今は休止)の先に男子浴場があった。

湯船は2.5畳(熱め)と、0.5畳(やや低め)の2つ。
浴場はあまり広くない。混んでるとゆっくり楽しめないかもしれない。
湯温は高め。休息と半身浴をこまめに入れないと夏場は逆上せる。
湯口から注ぐ湯量はけっこう多い。
泉質は、マグネシウム・ナトリウムー炭酸水素塩泉 で長湯温泉に多いタイプ。
淡緑褐色の色、無臭に近いが飲むと炭酸味がある。
高温(源泉51.3度)の為、肌に付着するような炭酸泡はないが、
身体に溜まった疲れと老廃物を、汗と一緒に排出してくれているような
爽快感が味わえる源泉掛け流しの温泉だ。


住 所 : 大分県竹田市直入町長湯7645
      (県道30号線、万象の湯から1キロ先右側)
電 話 : 0974-75-2176
時 間 : 午前7:00~午後9:00
休 み : 年中無休
料 金 : 大人200円、子供100円
備 品 : シャンプー、ボディソープなし、タオルなし(100円)
宿 泊 : 3,000円(素泊まり)

拍手[1回]

福ねこの湯

大分県長湯温泉にある『福ねこの湯』


【道路から見た湯場】

『国民宿舎直入荘』の対岸にあり、民家風で看板も小さいので
ちょっと素通りしてしまいそうだが、絶対見過ごせない貸切風呂である。
なぜなら、温泉が極めて良質。入らないと勿体無い。
泉質は、メタケイ酸たっぷりの「マグネシウム・ナトリウム炭酸水素塩泉」
典型的な『美人の湯』だからである。
湯船は一畳ほどの広さで、内装は外観と同じ和風の落ち着いた木造りである。
成分分析表通り、源泉温度40.5度と適温だ。肩まで浸り身体を温泉に馴染ませると、
湯面から漂う独特の炭酸臭が気分を盛り上げてくれる。白淡褐色の温泉は汗ばんだ
肌から油分と角質をさらっと落としてくれ気持ちよい。
加えて美肌効果抜群のメタケイ酸がなんと200mg/Kgも含有していると書いてある。
皮膚の活性、若返りを大いに期待し約40分程満喫した。



【人形工房かじか①】



【人形工房かじか②】



【工房の店舗内】

温泉のオーナーは温泉場の隣で手作りの土人形を創作されている。
作品の殆どが『まねき猫』である。
この世界ではけっこう有名な人らしく、九州一円、関西方面からも作品を買い求めに
長湯の地を訪れるファンも少なくないそうです。
ハンサムオーナーと美人の若奥さんと語らいながらオリジナル手作り人形を作って
みてはいかがですか。(約1時間で1500円)


温泉名 : 福ねこの湯
工房名 : 人形工房かじか
住  所 : 大分県竹田市直入町長湯3122-2
       JR豊後竹田駅から車で20分、くじゅう花公園から15分
電  話 : 0974-75-3199
料  金 : 1500円(50分) 一人でも可
時  間 : ?~19:00(最終受付)
※ 顔なじみになれば時間・料金の融通が利く‥‥かも!?

拍手[3回]

みつばちの湯

しばらく休館していた『長湯憩いの家』が全館改装を終え
運営会社も新たに7月にリニューアルオープンした。
良質な温泉だったので、首をながくして待っていたファンも多かった。




【正面玄関】

以前は木造二階建てだったが、モルタルと木壁をうまく組み込んだ
平屋造りになっている。
『みつばちの湯』の名のとおり六角形の建物で正面玄関は一般客用、左側面に
ディサービスや老人会等専用の玄関がある。





【ロビー】

玄関から中に入ると真新しい木の良い香りがロビー全体に漂う。
天井が高いのでゆったりとした空間があり、さりげなく置かれたレトロ調の薪ストーブ
とリビングがお洒落な雰囲気を醸し出している。





【家族湯】

六角形の建物に合わせた家族風呂が4種類ある。湯船は2~3人位がゆっくり浸れる
広さで、洗い場はあまり広くない。自然光が入る明るい木壁の室内である。
(湯船には『ゆの花』がびっしり浮かんでました)




【大浴場】

湯船の広さは5~6名が入れるくらい。洗い場も家族風呂に比べれば多少広いが、
一度に利用するとすれば10名が限度ではないか。
大浴場は男女固定になっているようだ。

ここの温泉は良質の「マグネシウム・ナトリウム炭酸水素塩泉」で
もちろん源泉掛け流しです。(源泉温度50.4℃)

各浴場ともたいへん綺麗に清掃されています。館長さんの話では薬品は使わず
人力で現状維持に頑張っているそうです。
成分が濃い良質な温泉だけにスタッフのご苦労は大変なものだと推察します。


豊後大野市の福祉施設が運営されているので、ディサービスなどの団体客が
利用する機会が多いので、外来客には少し時間の調整が必要な場合もあるかも
しれませんが、入湯する価値はある。



 施設名 : 温泉交流館 みつばちの湯(旧長湯憩いの家)
 住  所 : 大分県竹田市直入町長湯3050-1
        JR豊後竹田駅から20分、くじゅう花公園から15分
 電 話 : 0974-75-2124
 入浴料 : 大人300円  小学生100円  未満無料
         家族風呂1000円(50分)
 時 間 : 午前6:00~午後9:00
 休館日 : 今のところなし (9月から月1回休むかも)だそうです。

  ※1500円の食事(前日予約)と無料休憩室(畳)もありました。
   建物中央部には吹き抜け(空天井)の庭。読書&コーヒーが似合う空間です。






拍手[8回]

カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
takeさん
性別:
男性
職業:
嘱託職員
趣味:
温泉と食べ歩き
自己紹介:
温泉好きが高じて大分県に定住。麦焼酎とトマトとカボスがあればご機嫌な中年親父。スィーツも好きだけど、洋物より和菓子!
温泉ソムリエの認定を受け、温泉地の「温泉分析表」を見ながらの体感にハマってます。

バーコード

ブログ内検索

P R

プロフィール

HN:
takeさん
性別:
男性
職業:
嘱託職員
趣味:
温泉と食べ歩き
自己紹介:
温泉好きが高じて大分県に定住。麦焼酎とトマトとカボスがあればご機嫌な中年親父。スィーツも好きだけど、洋物より和菓子!
温泉ソムリエの認定を受け、温泉地の「温泉分析表」を見ながらの体感にハマってます。

忍者アナライズ

Copyright ©  -- 温泉ソムリエtakeさんの温泉日和 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]