忍者ブログ

温泉ソムリエtakeさんの温泉日和

温泉はやっぱり活きているんだなということを最近つくづく実感しています。季節や時間帯、気象条件などで、入浴するたびに                  以前とは違う何かを発見し、ワクワクできる。そんな喜びと感動を求めてこれからも気ままにのんびりと入湯を楽しんでいきます。

   
カテゴリー「長湯温泉郷」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「郷の湯旅館」



 長湯温泉 「郷の湯旅館」(さとのゆ) に入ってきました。





 長湯温泉街から少し離れた位置にあり、「千寿温泉」からほんの少し久住寄りの場所。



 旅館、立寄り温泉、湯治宿を広大な敷地に併設した宿場である。



 今日は一番手前にある内湯家族風呂を案内された。



 狭いながらに清掃、整理された脱衣所。  この部屋の中には

 “「日本一」とか「世界一」等々は利用者ご自身でお決めください。” の表示が。



 まず湯船の様を見た瞬間圧倒される。これはすごい!



 先客が使用したばかりなので期待した温泉成分の浮遊物は見れなかったが、

 白濁したお湯は、成分濃度の高さを示している。



 湯面には炭酸臭が漂いるんるん気分にさせてくれる。



 湯船の淵はまるで鍾乳石を彷彿させる様だ。



 「沸かさず」・「薄めず」・「循環せず」。本物に拘る湯守(オーナー)の言葉。



 疲労回復の「休養」 ・ 予防のための「保養」 ・ 病気治癒の「療養」

 『入浴の三養』を推奨されている。
 


 湯口からは新鮮なお湯が注がれている。

 泉質は マグネシウム・ナトリウムー炭酸水素塩泉  旧分類 : 重炭酸土類泉
 
 PH値 8.5  泉温 51.0度 (アルカリ性・低張性・高温泉)

 浴用として、慢性皮膚病や切り傷に効果がある。

 湯船温度は42度~43度くらい。滑らかで保温効果も高い。



 湯船の底部には沈殿物がこんなに!

 

 床もこんな状態。  流石である。



 湯棟の奥が女湯になっていた。



 隣の内湯家族湯。



 別棟にある家族風呂。



 離れにある休憩所。


 温泉好きの人が虜になる施設‥‥  成る程と肯ける温泉でした。

 今日も良い温泉を頂きました!



 《郷の湯旅館》情報


  住所 : 大分県竹田市直入町長湯3538-2  (竹田市中心部から車で25分)
  
  電話 : 0974-75-2912

  時間 : 午前10:00~午後6:00 

  休み : 不定休 (平日は電話確認)

  料金 : 大人500円  子供200円  家族風呂 2000円~2500円


  アメニティ   シャンプー・ボディソープ・ドライヤー・シャワー





拍手[0回]

PR

「長生湯」(ちょうせいとう)

 

長湯温泉 「長生湯」 に入ってきました。



 長湯温泉街の中心にある公衆浴場。



 男女別に棟が分かれており、駐車場の左が女湯、右が男湯。



 無人の為、回転バーがあり、黄色枠にまず入る。



 200円を投入すると自動ドアが開くので、バーを押して中に入る。



 出口は入口の横にあり、出るときは中から回転バーを押して出る。



 脱衣室には籠と有料(10円)ロッカーがある。



 3畳位の広い湯船が1つ、浴場の奥壁際に設置されている。

 浴場内は大きな明かり窓が横壁と天井にあるので非常に明るい。



 肩までゆったりと浸かれる深さがあり、

 お湯はじんわりと肌になじむ緑褐色のにごり湯。



 泉質は マグネシウム・ナトリウムー炭酸水素塩泉(中性・低張性・高温泉)

 源泉温度42.5度が直接入る掛け流し温泉なので冬でも快適。

 飲泉では、炭酸味と土類泉独特の苦味があり、喉と胃を刺激してくれる。



 排水口には、見事なアラゴナイト結晶が咲いていた。



 天井が高いので、冬季でも視界が良好。

 市民以外の常連客も多く、地元の人との交流の場ともなっている。

 泉質の良さとで愛される公衆浴場。

 今日も良い温泉頂きました!



 《長生湯》情報


  住所 : 大分県竹田市直入町長湯7993-3

  電話 : 0974-75-2525

  時間 : 午前6:00~午後10:00

  休み : 第4水曜日

  料金 : 200円






拍手[0回]

山の湯かずよ

 

本日は 山の湯かずよ で入浴。




竹田市中心部から車で25分。
 


 宿泊と食事、良質な天然温泉で名のとおった温泉旅館である。

 

 受付で入浴料を支払い右に進むと浴場がある。



 脱衣室は広く、無料のロッカーが備わっている。



 内湯には3つの湯船があり、ここが一番奥の熱めの湯船 42~43度。



 中央にある温めの湯船 38度~39度。



 一番手前は、やや冷たい湯船。(本日は溜まっていなかった)



 豊富な湯量の温泉が湯口から注がれている。



 湯口の岩石には温泉成分がこってり!濃度の高さが見てとれる。



 温泉は緑褐色の濁り湯。湯渕には乳白色の温泉成分がしっかり付着している。

 湯面には 湯の華がビッシリ!



 手ですくうとパリパリ、ジャリジャリ。身体に擦り付けて『地球の恵み』を味う。

 口に入れると炭酸ナトリウムの苦味とザラザラ感が残ってしまったので、

 湯口から新鮮な温泉を口いっぱいに含み、胃に流し込んだ。

 泉質は マグネシウム・ナトリウムー炭酸水素塩泉(中性・低張性・高温泉)

 源泉52.1度の天然掛け流し。

 炭酸泉特有のツルツル感と、肌にやさしい刺激の少ない泉質である。

 

 阿蘇溶岩で「六方石(ろっぽうせき)」と呼ばれる石柱が浴場を囲う。


 

 洗い場の湯桶置きにも使われていて、なかなかお洒落。




 露天風呂もあるが、残念ながら冬季期間はクローズのようだ。


 今日も良質な温泉を頂戴できました!



《山の湯かずよ》情報

住所 : 大分県竹田市直入町長湯2405

電話 : 0974-75-3075

休み : 火曜日・金曜日

時間 : 午前11:00~午後2:00

料金 : 500円

宿泊 : 1泊2食付 10650円~  イン 15:00 /アウト 10:00

アメニティ  シャンプー・ソープ・貸タオル有り





拍手[0回]

天満湯(てんまんゆ)



 本日は長湯温泉「天満湯」で入浴。




 長湯温泉の中央に位置する共同浴場。

 



 入り口は無人の為、回転バーが付いている。




 
 右壁にあるコイン投入機に100円をいれると自動ドアが開く仕組みだ。





 中にはいると、手前が男性、奥が女性。





 トイレの横に一方通行となる出口がある。





 脱衣室は狭いが、着替えるのには充分。コインロッカーも完備。






 湯船は2畳半位のひろさ。





 淡緑褐色のにごり湯。

 湯温は42度位あり丁度いい。加温、加水なし。

 もちろん完全掛け流しの温泉である。





 湯口からはコンコンと新鮮なお湯が注がれている。

 泉質は マグネシウム・ナトリウムー炭酸水素塩泉(中性・低張性・高温泉)
 
 浴用効能は 神経痛、関節痛、冷え性、慢性皮膚病、健康増進など

 飲用もでき、慢性消化器病、糖尿病、痛風に効果がある

 味は炭酸泉特有のまろやかさと爽快感があり、胃の粘膜を刺激する。

 肌がつるつる、いわゆるクレンジング効果を感じ、保温効果も高い。
 




 カランが2つ。石鹸類はない。





 風呂桶、風呂イスは備え付け。綺麗に磨いてある。



 新鮮で高濃度、身体をしっかり温めてくれる温泉。

 今日も良い温泉を頂戴しました!



 《天満湯》情報

 住所 : 大分県竹田市直入町長湯(食堂 正直屋の横)

 電話 : 0974-75-2525

 休み : 年中無休

 料金 : 100円






 

拍手[0回]

「かどやRe」

本日は、やすらぎの宿 「かどやRe」 での入浴。



 

創業90年を越える長湯温泉の老舗旅館。

建物は新しいが、店構えから風格というか、気品が窺える。





玄関から廊下を左に進むと、男女の浴場がある。

湧出量が豊富な源泉掛け流しの にごり湯 で、

泉温49度。湯船も43度位と高めなので、

12月の寒い時期でもゆったりと湯浴みができる(夏季は水で調整)。

泉質は 含二酸化炭素ーマグネシウム・ナトリウム・カルシウムー炭酸水素塩泉

遊離二酸化炭素(CO2)1025.4mg。いわゆる『二酸化炭素泉』(炭酸泉)

高温のため身体に付着するような泡は感じられないが、

湯面に漂う炭酸臭と、窒息感は本物である証





鉄分も多く、湯口はご覧のように茶褐色の成分が付着している。

飲泉用のコップも置いてあり、飲んでみると若干の苦味と酸味。

後から炭酸泉独特の清涼感が喉を刺激し、胃をすっきりとさせてくれる。





右側の風呂に露天風呂がある。

宿泊状況に応じて男女を切り替えて使用している。





外気のお陰で露天の温度は40度位。

火照った身体を休めるのにはほんとうに最適である。





湯縁には立派な石灰華テラス。手首まですっぽり隠れる厚みがあり、

浮遊浴を楽しむのに丁度よい枕代わりになる。



今日も湯ったりと楽しめる温泉を頂戴しました!




「かどやRe」情報

住所 : 大分県竹田市直入町長湯7985-2

電話 : 0974-74-2143

時間 : 午後2:00~8:00

料金 : 300円   宿泊料 1泊2食付き 9000円~

休み : 大晦日 (要確認)


カラン・シャワー・シャンプー・ソープ・タオル 備え付き







拍手[0回]

カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
takeさん
性別:
男性
職業:
嘱託職員
趣味:
温泉と食べ歩き
自己紹介:
温泉好きが高じて大分県に定住。麦焼酎とトマトとカボスがあればご機嫌な中年親父。スィーツも好きだけど、洋物より和菓子!
温泉ソムリエの認定を受け、温泉地の「温泉分析表」を見ながらの体感にハマってます。

バーコード

ブログ内検索

P R

プロフィール

HN:
takeさん
性別:
男性
職業:
嘱託職員
趣味:
温泉と食べ歩き
自己紹介:
温泉好きが高じて大分県に定住。麦焼酎とトマトとカボスがあればご機嫌な中年親父。スィーツも好きだけど、洋物より和菓子!
温泉ソムリエの認定を受け、温泉地の「温泉分析表」を見ながらの体感にハマってます。

忍者アナライズ

Copyright ©  -- 温泉ソムリエtakeさんの温泉日和 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]