忍者ブログ

温泉ソムリエtakeさんの温泉日和

温泉はやっぱり活きているんだなということを最近つくづく実感しています。季節や時間帯、気象条件などで、入浴するたびに                  以前とは違う何かを発見し、ワクワクできる。そんな喜びと感動を求めてこれからも気ままにのんびりと入湯を楽しんでいきます。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

豊礼の湯


 岳の湯温泉 「豊礼の湯」 で入浴しました。



 岳の湯は熊本県阿蘇の北端、大分県との県境に広がる「わいた温泉郷」の1つ。豊礼の湯は
 鮮やかなコバルトブルーの湯と、露天から観る雄大で美しい景観が温泉好きを虜にする、絶対
 外すことのできない温泉施設なのだ。



 施設内には熊本県のご当地ゆるキャラ「クマモン」?が鎮座していた。



 宿泊者と立ち寄り入浴者を受付する管理棟。ここで入浴料500円を支払い露天風呂に向かう。



 途中には宿泊者・入浴者が無料で使用できる「蒸し器」が大量の蒸気を噴上げていた。
 材料は持ち込みOKで、鶏肉・ソーセージは売店で販売しているらしい。入浴前に玉子やさつまいも
 などを入れておくと湯上りに楽しめそうだ。



 これが天然自噴温泉100%の展望大露天風呂である!
 泉質は ナトリウムー塩化物泉    旧泉質名 : 純食塩温泉
 源泉温度96.5度  PH値8.3  溶存物質2805㎎/㎏  (弱アルカリ性・低張性・高温泉)
 Na+:776.9  Cl-:1432

 浴用として火傷、慢性皮膚病、慢性婦人病など、飲用では慢性消化器などに効果がある。



 15名まで浸かれる広さ。湯面には硫化水素臭が漂う。飲泉すると、塩味と渋みを感じた。
 注入温度は非常に高く、湯口付近はかなり熱いが、湯船全体は41度前後で適温。



 青く深みある濁り湯は、硫化水素と塩化ナトリウムが影響し合って色づいたのだろう。自然光により
 一層魅惑的に映える。



 「小国富士」とも称される涌蓋山(わいたさん)を借景した素晴らしい眺望に思わずハッと息を呑む。
 眼下に広がる木々の谷も何故かのどかで美しい。ずっと浸かっていたいと誰しも必ず思う温泉だ。



 露天風呂からこんな風景も見れます。



 大露天風呂のほか、コインタイマー式の24時間使用できる家族風呂があり、お金を投入すると
 その都度新鮮なお湯がドバッと入れ替る優れもの。
 満天の星を眺めながら真夜中に家族風呂に浸かる、想像するだけで温泉好きには生唾物だ。

 湯けむりたなびく山里の温泉地で

 神秘的な色を持つ良泉頂戴しました!


 《豊礼の湯》情報

   住所 : 熊本県阿蘇郡小国町西里2917

   電話 : 0967-46-5525

   営業 : 8:00~20:00   家族風呂は24時間

   休み : 年中無休

   料金 : 大露天風呂大人500円  小人200円
         家族風呂6室 800円/1H  家族露天風呂 1200円/1H  檜家族露天 1500円/1H

   宿泊 : 素泊まり大人3800円~  部屋数14室  イン15:00~  アウト11:00

   備品 : 全室テレビ・冷蔵庫付 食料持込可(自炊可) 石鹸のみ浴場有り





     


拍手[0回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
takeさん
性別:
男性
職業:
嘱託職員
趣味:
温泉と食べ歩き
自己紹介:
温泉好きが高じて大分県に定住。麦焼酎とトマトとカボスがあればご機嫌な中年親父。スィーツも好きだけど、洋物より和菓子!
温泉ソムリエの認定を受け、温泉地の「温泉分析表」を見ながらの体感にハマってます。

バーコード

ブログ内検索

P R

プロフィール

HN:
takeさん
性別:
男性
職業:
嘱託職員
趣味:
温泉と食べ歩き
自己紹介:
温泉好きが高じて大分県に定住。麦焼酎とトマトとカボスがあればご機嫌な中年親父。スィーツも好きだけど、洋物より和菓子!
温泉ソムリエの認定を受け、温泉地の「温泉分析表」を見ながらの体感にハマってます。

忍者アナライズ

Copyright ©  -- 温泉ソムリエtakeさんの温泉日和 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]