忍者ブログ

温泉ソムリエtakeさんの温泉日和

温泉はやっぱり活きているんだなということを最近つくづく実感しています。季節や時間帯、気象条件などで、入浴するたびに                  以前とは違う何かを発見し、ワクワクできる。そんな喜びと感動を求めてこれからも気ままにのんびりと入湯を楽しんでいきます。

   
カテゴリー「グルメ」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ラーメンスタジアム②


キャナルシティ博多に行ってきました。

5階のラーメンスタジアムで2回目のトライアル。

今回は「博多王」で食べる。





「福岡ラーメン総選挙」で第一位を獲得し、

行列のできる店となった味に期待して並び入店。








数あるメニューの中から一番人気の「煮玉子ラーメン」(750円)を注文。





ややこってりした豚骨スーぶにチャーシュー、煮玉子、刻みネギのトッピング。

細麺は固めを頼み、いただきます!





もちろん替え玉麺を追加して完食!



拍手[1回]

PR

原尻の滝「限定500円丼」


道の駅「原尻の滝」で昼食。






じゃらん10月号掲載の「じゃらんオリジナル 道の駅500円丼」を見て

大分県豊後大野市緒方町にある「原尻の滝」に行く。




正午、ここ道の駅に到着した時には雨風も止んでいた。

鹿児島に上陸した台風17号は宮崎県を通過して、午前10時頃には

瀬戸内海上で温帯低気圧になり、大分県にそれほどダメージを残さず消滅した。





しかしながら、前々日からの大雨で、東洋のナイアガラとも言われる

「原尻の滝」は、御覧のような大迫力であった。





普段の穏やかな姿から一変。

本物に勝るとも劣らぬ見事な瀑布で、

吊り橋からの撮影時恐怖を感じて身動きが一瞬取れなかったほどだ。





雄大な滝を見物したところで、道の駅内にあるレストラン白滝で

「豊後牛すき焼き丼」を頂いた。

味噌汁をつけてもらって550円。

味良し、素材良し、おもてなし良し!


期間と数量限定のお得メニューなので

絶対食べなきゃ悔いが残りますぜ。




【道の駅原尻の滝】情報

 住 所 : 大分県豊後大野市緒方町原尻936-1

 電 話 : 974-42-4140

 時 間 : 9:30~17:30

         レストラン 11:00~16:00


 



拍手[1回]

中華そば「こっとん」


竹田市にある中華そば「こっとん」で食事しました。






「日本名水百選」の地、竹田市にあって湧水群が集結する入田地区に

1年半前にオープンした中華そば屋。





河宇田湧水の横、入田河川プールの前にあるのですぐわかる。





外観は、水車がある木造平屋建てで周囲に溶け込んだ落ち着いた雰囲気である。

内部も木製の椅子、テーブルなどを配しただけのシンプルな造り。

席数はカウンターとテーブルで19席。





本日食したのは「煮玉子中華そば」 680円。

醤油ベースの鶏がらスープに中太の縮れ麺。

トッピングは煮玉子、ナルト、焼豚、ホウレン草、肉厚椎茸、刻みタマネギ。


地産の新鮮素材を吟味し盛り付けした逸品。





「博多一風堂」がプロデュースし、竹田の名水を活かせるスープとして

敢えて醤油ベースにしただけあって流石に旨い!

ご飯(120円)を追加して美味しく完食した。



【竹田中華そば「こっとん」】情報

  住  所   :  大分県竹田市入田石原19

 電 話 : 0974-62-4910

 時 間 : 11:00~20:00(中休み有り)

 休 み : 毎週水曜日


 メニュー

  ・中華そば580円    ・ワンタン中華そば700円    ・チャーシュー中華そば730円

   ・唐揚げ2ケ240円 ・ 3ケ350円    ・白ごはん120円   (麺大盛り100円)







去年の九州北部豪雨で氾濫した玉来川は

昨夜からの大雨でご覧のような濁流に。   (竹田市上角 魚住橋から撮影)









拍手[1回]

ラーメンスタジアム


キャナルシティ博多「ラーメンスタジアム」

2種類のラーメンを食べてきました。






キャナルシティ博多はJR博多駅から徒歩10分、那河川沿いにある巨大複合商業施設で、

商業地天神・歓楽街中洲地区にも近い。





広場では夏のイベントとして「ダンシングウォータースプラッシュ」 なるものが

催されていて、水着姿のキッズが戯れていた。





ラーメンスタジアムはビルの5階にあり、日本を代表する話題ラーメン店が出店。

食通たちの舌を唸らせている。





現在は、札幌味噌ラーメン「みその」 、千葉肉玉そば「おとど」 、

富山ブラック「麺家いろは」 、鹿児島ラーメン「豚とろ」 と

迎え撃つ博多豚骨ラーメン店は「初代秀ちゃん」 、 「絆」 、 「島系」 、 「博多王」

の4店  計8店舗が集結していた。

8店全てのラーメンを一日で食べるのは年齢的に無理なので、

今回は肉玉そば「おとど」 と 「初代秀ちゃん」 の2店で食した。





11時開店一番乗りで食すは千葉「おとど」の肉玉そば&煮玉子(800円)。

千葉県新店ランキング第1位、“日本一ごはんがすすむラーメン”として

数々のメディアに取り上げられている北関東で話題の店である。





牛豚鶏を長時間煮込んだややコッテリしたスープ。

麺は中太でスープがよく絡む。

トッピングはメンマ、ナルト、黄身、おろし大根、刻みネギに

麺を覆い隠すほど盛られた焼き肉。

少量のご飯がセットで付いている。





食べ進むと焼肉の甘辛さが徐々にスープと調和し旨くなる。

麺を食べ終え、残したスープに辛子味噌(50円)と

替え玉(150円)を追加して食べると極上辛味スープに変化、ご飯を追加した。





入浴や天神ぶら散歩などして腹を空かせてから16時過ぎに再度訪問。

2件目は「初代秀ちゃん」だ。





ここは芸能人や有名人もよく来る人気店で

スタジアム月間MVP を連続獲得している。

今日もご覧の様に行列が途切れない。





食べたのは無論一番人気の「ラーメン零号」 (650円)。




並ぶこと20分程でカウンター席に案内された。

ラーメン零号は濃厚な豚骨スープに極細麺。

トッピングは焼豚と刻みネギ、もやしの王道。

しっかりとしたコクと旨味が抜群!旨いとしか言い様がない豚骨ラーメンだ。

本日2回目の替え玉(150円)の硬め を頼んで食す。



ラーメン天国博多で納得のラーメンを頂戴しました。




【ラーメンスタジアム】情報

 住 所 : 福岡県福岡市博多区住吉1-2-22

 電 話 : 092-282-2525(情報サービスセンター)

 時 間 : 11:00~23:00(ラストオーダー22:30)





拍手[1回]

韓国料理「日韓亭」

韓国料理「日韓亭」(いるはんてい)で昼食しました。






国道502号線沿いにある「道の駅清川」の中に入った韓国料理店。





新鮮な野菜や直販農産加工品が大評判の大分県内でも人気の高い道の駅の中に

生花店、コンビニ、ベーカリー店、焼肉店、和食屋などが入るテナントがあり、その一角にある。





家庭的な雰囲気の店舗で月イチペースで伺う僕のお気に入り店。

特に好きなのが石焼ビビンバ、プルコギ、朝鮮冷麺で、何度食べても飽きがこない。

これまで韓国旅行を3回(たったの)経験しているが、味は本場に引けを取らないと思う。





店内は腰掛テーブル、カウンター席と畳の間がある。





今日は「ビビンバ焼きカレー」1280円をオーダーした。

期待通りの  マシッソヨ!(旨い)であった。




他に韓国海苔やラーメン、焼酎、マッコリ、韓国味噌など、

韓国の商品がお手ごろ価格で購入できる。



仕上げに道の駅清川の大人気商品「桃ソフト」(300円)を

頂くのが僕のお決まりパターン。





【日韓亭】情報

 住 所 : 大分県豊後大野市清川町砂田1567-4 (道の駅清川)

 電 話 : 0974-35-3022

 時 間 : 10:30~19:00

 休 み : 不定休(基本無休)








拍手[1回]

カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
takeさん
性別:
男性
職業:
嘱託職員
趣味:
温泉と食べ歩き
自己紹介:
温泉好きが高じて大分県に定住。麦焼酎とトマトとカボスがあればご機嫌な中年親父。スィーツも好きだけど、洋物より和菓子!
温泉ソムリエの認定を受け、温泉地の「温泉分析表」を見ながらの体感にハマってます。

バーコード

ブログ内検索

P R

プロフィール

HN:
takeさん
性別:
男性
職業:
嘱託職員
趣味:
温泉と食べ歩き
自己紹介:
温泉好きが高じて大分県に定住。麦焼酎とトマトとカボスがあればご機嫌な中年親父。スィーツも好きだけど、洋物より和菓子!
温泉ソムリエの認定を受け、温泉地の「温泉分析表」を見ながらの体感にハマってます。

忍者アナライズ

Copyright ©  -- 温泉ソムリエtakeさんの温泉日和 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]