忍者ブログ

温泉ソムリエtakeさんの温泉日和

温泉はやっぱり活きているんだなということを最近つくづく実感しています。季節や時間帯、気象条件などで、入浴するたびに                  以前とは違う何かを発見し、ワクワクできる。そんな喜びと感動を求めてこれからも気ままにのんびりと入湯を楽しんでいきます。

   
カテゴリー「熊本県温泉」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

不二の湯

熊本県菊池市泗水町にある 不二の湯 で入浴しました。





不二の湯は熊本不二コンクリート工業の敷地内にある温泉で

元々は会社用にと社長が十数年前に掘削して湧出したのだが、

湯質の良さが評判になったことで一般に開放したそうだ。

場所は 辰頭温泉亀の甲温泉 の近くなので湯巡りにも便利。





入口には 自動改札機 があり、

100円を投入し 回転バー を押して入室する。





脱衣場はこんな感じ。コインロッカーもある。


 



浴場には 2つの湯舟 があり、棚湯式 になっている。

湯口のある広いほうの湯舟が4~5名、小さい湯舟が3~4名のサイズ。





泉質はナトリウムー炭酸水素塩・塩化物泉      

 
旧称 : 含食塩ー重曹泉

源泉温度 40.8℃      自家源泉湧出量 200L

PH値 7.22      溶存物質量 2242mg         中性・低張性・温泉

陽イオン  :   ナトリウム Na+    571.0mg

陰イオン  :   炭酸水素 HCO3-   1123mg        塩素 CL-  260.5mg


透明に近い微茶褐色した湯の中に湯の華が舞う。

湯面からは重曹泉特有の香りが漂い、

飲泉すると炭酸味と塩味を感じるが比較的飲みやすい部類。





湯温は40℃位でじっくり長湯ができる。

何と言っても肌に纏わり付く泡付きがあり、

辰頭温泉と同等の心地よい感触を味わえた。




【 不二の湯 】 情    報


住   所  :  熊本県菊池市泗水町田島2444

電   話  :  0968-38-3131

時   間  :  5:00~22:30  ( 7:50~10:00 清掃のためクローズ )

休   み  :  不定休

料   金  :  100円

駐車場有り





拍手[1回]

PR

泗水町辰頭温泉

熊本県菊池市の 辰頭温泉 で入浴しました。




カーナビ頼りで近くまできたものの、住宅地と小学校付近で迷っていたら

偶然通りかかった女の子に教えてもらってなんとかたどり着く。

よくよく考えるとよくぞ不審者と思われなかったと安堵し彼女に感謝した。



場所は泗水西小学校の裏側、合志川沿いにあり、

外観は平屋建てで駐車場は広いが野土地なので

敷地に入っても ここで間違いない?と思う湯屋だった。





辰頭温泉は近所の方々が利用する共同浴場。

たつがしらおんせんと読む。

受付の横に男女の浴場。

浴槽は 内湯露天風呂 があり、

露天風呂のほうが割と空いていたので

まずは露天を頂戴する。





板壁で囲われた露天は 自然石 を配した湯舟で

10名位が浸かれる広さがある。





泉質は ナトリウムー炭酸水素塩・塩化物泉

源泉温度 43.8℃      PH値 7.81

溶存物質総量 2745.6mg       弱アルカリ性・低張性・高温泉

陽イオン Na+ 725.9mg

陰イオン HCO3- 1513.3mg CL- 333.2mg


源泉かけ流しで湯舟温度も41~42℃と適温。

やや琥珀色した湯からは 重曹泉特有の薬味臭 が漂う。

湯質は柔らかくサラリとした肌触りで

湯上り後は塩化物効果でぬくもりがずっと維持した





露天には4~5人が浸かれる地下水を引いた水風呂があったが、

気温も低く、半身浴1回だけ体感して内湯に移った。



内湯はタイル張りで12名位が浸かれる広さがある。

湯船温度は42℃くらいで露天より熱め。

湯口からは結構な湯量で注がれており鮮度を感じる。

肌に気泡がまとわりつく良泉であった。






【 辰頭温泉 】情   報


住  所  :  熊本県菊池市泗水町田島620-1

電  話  :  0968-38-3190

時  間  :  6:00~22:00

休  み  :  無 休   (年末年始営業時間短縮あり)

料  金  :  大人200円 小人100円





拍手[2回]

日奈久温泉「金波楼」

熊本県日奈久温泉「金波楼」で入浴しました。






「金波楼」は熊本県で最古の温泉といわれる日奈久温泉にある木造3階建ての老舗旅館で、

その建物は国の登録有形文化財に認定されている。





そういえば今年2月に訪問した熊本県人吉温泉の「人吉旅館」も登録有形文化財だったが、

風格ある佇まいは両旅館に共通するところで、大事に守り継がれているのが一目でわかる。





美しい中庭を眺めながら黒光りする廊下を進むと浴場がある。

脱衣室も建物の雰囲気にマッチした造りだ。





 内湯の大浴場。14~15名位が浸かれる広さである。

 湯温は実測42度。浴槽にはジャグジー機能もあり、リラックスできる。





泉質は弱アルカリ性単純温泉

源泉温度44.8℃      低張性・弱アルカリ性・高温泉

無色透明無臭の湯で、刺激の少ない柔らかな感触。万人向きの泉質といえる。






露天風呂は4~5名程度の広さ。駐車場から通用口に向かう途中にこの湯船があるため、

垣根越しに見える人影(特に若い女性)が通る時には緊張が走る。

周囲の建物からも丸見え状態なので、長湯温泉ガニ湯や天瀬温泉共同浴場での

恥ずかしかった感覚が再現した。




人気の温泉宿故に、浴場にもけっこうな数の入湯者がいたので

写真撮りも叶わず、約30分の湯浴みで退出した。

循環・掛け流し併用式であるが塩素臭も少なく衛生的な管理がなされている浴場。

またゆっくり楽しみたいと思う湯屋であった。




【日奈久温泉「金波楼」】情報


 住 所 : 熊本県八代市日奈久上西町336-3

 電 話 : 0965-38-0611

 時 間 : 平日15:30~21:00      土日祝12:00~21:00

 休 み : 不定休

 料 金 : 大人500円    小人300円








拍手[2回]

山鹿温度「さくら湯」

熊本県山鹿温泉元湯「さくら湯」で入浴しました。





熊本県北部の山鹿市街中心部にある公衆浴場「さくら湯」は、明治初期の建築様式を

再現して平成24年11月にリニューアルオープンした。

前回訪問は約30年前、再開発ビル「温泉プラザ山鹿」の1階にあった頃

三加和町出身の後輩と入浴したとき以来なので、今回楽しみにしてきた。





 浴場内の撮影はNGなのだが、記念写真にと先客に頭を下げ、承諾いただいた貴重画像。

 木造の梁や柱がむき出しになった解放感のある大浴場で、浴槽は12名位が浸かれる

 広さが有る。

 上質な黒切石が敷き詰められた床は、浴場全体の品格を引き立たせている。





天井部も高く、男女湯が吹き抜けになっているので、時折

話好き?の女性陣の会話も聞こえたりして面白い。





泉質はアルカリ性単純温泉。  (低張性・アルカリ性・高温泉)

源泉温度43.9度   PH値8.7

山鹿温泉特有のつるつるした感触で、肌触りの滑らかな僕の好きな泉質。

もちろん源泉掛け流しである。

湯温は40度前後で適温だった。





 洗い場も広く、衛生管理も行き届いている。ソープ類は設置されていないが

 簡易ソープ、タオルが販売されているので立寄り入浴も大丈夫。





殿様のための「御前湯」として作られたという龍の湯は、

市松模様の床と龍の天井画などをリアルに再現しており

展示用なので入浴はできないが、ぜひ覗いて見るべき価値あり。


伝統的工法で蘇った贅沢な湯屋で

至福の時間をゆっくりと満喫させてもらった。




【山鹿温泉元湯「さくら湯」】情報


 住 所 : 本県山鹿市山鹿1-1

 電 話 : 0968-43-3326

 時 間 : 6:00~24:00

 休 み : 第3水曜日

 料 金 : 大人300円   障害者・小人150円




拍手[2回]

佐俣の湯

熊本県美里町にある「佐俣の湯」で入浴しました。





今回は、九州自動車松橋ICを降り、国道218号線を美里町、山都町方向に走るルートで訪問した。

ここにはトロミ湯で人気の高い入浴施設のほか、農産物直売所、レストラン、宿泊バンガローなどが

併設している。

浴場は一階のフロントからエレベーターまたは階段で降りた津留川沿いにある。





元湯「佐俣の湯」入口から履き物を脱いで上がると売店、レストラン、受付などがある。





まずは内湯の岩風呂に浸かる。約12名前後が一度に利用できる広さがあり、

場所により温度差も楽しめる。一部ジャグジー浴があり弾ける泡で癒される。

また浴場内には乾燥サウナ、水風呂もある。





泉質はアルカリ性単純温泉。

PH値9.4のトロトロした肌触りで、僅かに硫化水素臭が湯面に漂う温泉らしい美肌の湯だ。

源泉掛け流しではあるが、泉温35.3℃と低いため熱交換システムで加温している。





露天風呂は景色に同化したような自然石を配した造りでとても開放的。

今日は「大暑」。暦通りのむせかえるような気温の時は、密閉された内湯より

外気に触れるこちらのほうがやはり断然良かった。





身体を目一杯伸ばして浸かっていると、せせらぐ川音や鳥のさえずり、

騒がしいセミの声までも心地よく聴こえるほどリラックスできる。





露天の奥には「うたせ湯」もある。身体を叩く感触は夏バテ気味の自律神経も和らげてくれた。

オープンから12年あまりで入館者数300万人を超えたというだけあって納得できる温泉パワーを感じた。


周辺の観光スポットのひとつに3333段の「日本一長い石段」が有名だが、登り着くのに

1時間30分はかかるということなので断念したが、無謀を覚悟で次回は挑戦してみようかな。





【石段の郷「佐俣の湯」】情報


 住  所 : 熊本県下益城郡美里町佐俣705

 電  話 : 0964-46-4111

 時  間 : 10:00~21:30

 休  み : 第2木曜日

 料  金 : 大人500円   中・高校300円  小人200円

         家族風呂(50分) 1000円~








拍手[1回]

カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
takeさん
性別:
男性
職業:
嘱託職員
趣味:
温泉と食べ歩き
自己紹介:
温泉好きが高じて大分県に定住。麦焼酎とトマトとカボスがあればご機嫌な中年親父。スィーツも好きだけど、洋物より和菓子!
温泉ソムリエの認定を受け、温泉地の「温泉分析表」を見ながらの体感にハマってます。

バーコード

ブログ内検索

P R

プロフィール

HN:
takeさん
性別:
男性
職業:
嘱託職員
趣味:
温泉と食べ歩き
自己紹介:
温泉好きが高じて大分県に定住。麦焼酎とトマトとカボスがあればご機嫌な中年親父。スィーツも好きだけど、洋物より和菓子!
温泉ソムリエの認定を受け、温泉地の「温泉分析表」を見ながらの体感にハマってます。

忍者アナライズ

Copyright ©  -- 温泉ソムリエtakeさんの温泉日和 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]