忍者ブログ

温泉ソムリエtakeさんの温泉日和

温泉はやっぱり活きているんだなということを最近つくづく実感しています。季節や時間帯、気象条件などで、入浴するたびに                  以前とは違う何かを発見し、ワクワクできる。そんな喜びと感動を求めてこれからも気ままにのんびりと入湯を楽しんでいきます。

   
カテゴリー「別府温泉」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

鉄輪温泉「熱の湯」

別府市営共同浴場の「熱の湯」で入浴しました。



湯あみ祭りの最終日の湯巡りで、
蒸し湯、渋の湯を廻って3湯目に訪れた。
場所は蒸し湯から徒歩1分のところで、有り難いことに駐車場もある。



浴槽はタイル張りで、7~8名位が浸かれる広さがある。
泉質はナトリウム―塩化物泉
源泉温度69.9℃
湯温調整で湯口手前で加水している。源泉を飲泉すると甘塩味がある。
利用者のほとんどが地元の人で、いろんな情報を教えて頂いた。


【鉄輪温泉「熱の湯」】情報

住所:大分県別府市鉄輪

電話:なし

時間:6:30~21:00

休み:なし

料金:無料





拍手[1回]

PR

別府鉄輪「渋の湯」

「湯あみ祭り」最終日の訪問。

3連休とあって、今日も観光客が多い。






渋の湯は今年3度目の入浴になる。





別府の共同浴場に多い脱衣室と浴場が一体となった造り。

一般客は脱衣棚の小さな缶に

ロッカー代として100円を入れて入湯できる。





タイル張りの浴槽は5~6名が浸かれる広さ。

泉質はナトリウムー塩化物泉

源泉温度87℃  溶存物質合計4400mg

保湿効果の高いメタ珪酸が610mgもあり

全国屈指の含有量だそうだ。




 
高温のため以前は加水していたが、

「湯雨竹」(ゆめたけ)という竹枝を使った別府オリジナル冷却装置により

天然成分をそのまま味わうことができるようになった。


湯上り後は名物豚まんと温泉卵で腹を満たし、次の湯屋へ向かった。




【鉄輪温泉「渋の湯」】情報

 
 住  所 : 大分県別府市鉄輪

 電  話 : なし

 時  間 : 6:30~20:30

 休  み : なし

 料  金 : 大人、小人共に100円


 駐車場なし





拍手[1回]

別府共同浴場「朝見温泉」

本日別府市で勉強会に参加した。

温泉地理学という難しいゼミ。

飽和状態になった頭をサッパリすべく、「朝見温泉」に立ち寄る。





朝見神社近くの住宅が密集したところで、

2階が集会場所になったこの界隈に多いタイプの浴場。

JR 別府駅から徒歩で15分の距離だった。





番台はこの時は無人で、料金箱が置かれていた。





浴場の中央に水色タイル張りの浴槽がある。

4名位が浸かれる広さ。





御覧のように脱衣場と浴場の間には仕切りがない。

所謂昔ながらの共同浴場造りで、浴場と脱衣場には段差を設けてある。





泉質は単純温泉

温泉分析書は見当たらないが、源泉温度はかなり高いようで、

浴槽の隅から注入される湯は相当熱い。

浴場の角にはゴボゴボと音をたてる湯溜槽があり、湧出量も多いようだ。


湯質は無色透明で無臭。真に新鮮な湯で若干の塩味を感じた。

先に使った人が適温まで加水調整してくれたのか

42度の湯温でゆっくり楽しませてもらった。





【別府共同浴場「朝見温泉」】 情報

 住  所 : 大分県別府市朝見2丁目3-35

 電  話 : 0977ー22ー9198

 時  間 : 6:00~11:00 / 14:00~23:00

 料  金 : 100円


 駐車場なし、 石鹸類なし







拍手[1回]

浜脇温泉「茶房たかさきの湯」

別府市の「茶房たかさき」の湯を頂いた。






今日10:00から別府中央公民館で開催された温泉学講座に参加。

「茶房たかさき」には受講が終わってすぐに寄らせてもらった。

ここは狭い路地が続くうえ、一方通行の多い地区にあるため過去2度探しきれなかったところ。

ネットや知り合いから情報収集し、時間もきっちり調整して12:30に到着した。





オーナーの高崎さんは別府八湯温泉道名人会の顧問や

八湯ウォーク連絡協議会の共同代表をつとめられるなど

温泉を通した地域振興に貢献する人物なのだ。

花工房を営む奥様と別府に移住し二人三脚で活躍されている。

敷地内に駐車すると高崎さんにわざわざお出迎えいただき最初の感激。

腹も空いていたが、メニューからハッシュドビーフ(700円)を注文して

出来あがる間にお目当てのお風呂を頂戴する。





オーナー手作りの湯船。手前は2名、奥に1名が浸かれるくらいの広さ。





白壁には奥様が描いたらしい絵画。

狭い浴場の中に心安らぐブルーの海岸。  癒されるなぁ…





泉質は単純温泉

源泉温度65℃   湧出量750㍑     PH値8.5  

湯口に近い浴槽は44℃と高め。

肩まで浸かるのに気合が必要だったが

冷ますために設置された水道蛇口をあえて使わず良泉を堪能。

奥の小さい湯船は棚湯式に湯が注がれているので

湯温も冷めてゆっくり浸かれる…が大柄な体格の僕には狭かった。






湯上りのタイミングに合せてマスターが作ってくれたハッシュドビーフ。

ボリュームも味も抜群だった。

食後のコーヒーもサイホン仕立て。茶菓子までご馳走になりました。


大分市内から来られた常連さんも加わって温泉談義に酔いしれる。

とても充実した時間を過ごさせてもらった。

帰り際に地図上に道順を判り易く描いてくれたオーナーにまたまた感激。

今月21日の再会を約束して店を後にした。






【浜脇温泉「茶房たかさきの湯」】情報


 住 所 : 大分県別府市鶴見1―2―11

 電 話 : 0977―23―0592

 時 間 : 10:00~17:00

 休 み : 毎週火曜日

 料 金 : 喫茶利用で無料入浴






拍手[1回]

九州温泉道八十八湯目


九州温泉道八十八湯目の湯「竹瓦温泉」で入浴しました。





 九州温泉道の72湯目を終えた3月末に職場異動の内示があり、4月から慌しい2ヶ月間を送って

きたものの、最高段位『泉人』を目指して修行を重ね、ようやく最終地に辿り着いたのだ。





竹瓦温泉での入湯は6年ぶりである。別府温泉の聖地、雰囲気も抜群!





竹が描かれたタイルを見て、88湯を達成した感が改めて沸々と込み上げてくる。





少し白濁した塩化物の良泉。42度~43度の湯温で長湯はできなかったが、休息を挟みながら

じっくりと堪能。湯上りのサッパリ感が何とも言えなかった。





泉人の諸先輩方を敬拝した後、早々湯印帳を提出に「別府野上本館」へ向かった。



【竹瓦温泉】情報


 住所 : 大分県別府市元町16-23

 電話 : 0977-23-1585

 時間 : 普通浴 6:30~22:30
       砂 湯 8:00~22:30

 休み : 砂湯のみ第3水曜日

 料金 : 普通浴 100円  砂湯 1000円

 ※ 石鹸類の備品なし  施設横に有料駐車場





拍手[3回]

カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
takeさん
性別:
男性
職業:
嘱託職員
趣味:
温泉と食べ歩き
自己紹介:
温泉好きが高じて大分県に定住。麦焼酎とトマトとカボスがあればご機嫌な中年親父。スィーツも好きだけど、洋物より和菓子!
温泉ソムリエの認定を受け、温泉地の「温泉分析表」を見ながらの体感にハマってます。

バーコード

ブログ内検索

P R

プロフィール

HN:
takeさん
性別:
男性
職業:
嘱託職員
趣味:
温泉と食べ歩き
自己紹介:
温泉好きが高じて大分県に定住。麦焼酎とトマトとカボスがあればご機嫌な中年親父。スィーツも好きだけど、洋物より和菓子!
温泉ソムリエの認定を受け、温泉地の「温泉分析表」を見ながらの体感にハマってます。

忍者アナライズ

Copyright ©  -- 温泉ソムリエtakeさんの温泉日和 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]